2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 化学物質過敏症患者の敵NATROM | トップページ | 東京都を退職しました »

【化学物質過敏症】NATROMの雑文はニセ科学

NATROMを擁護する人に、博士号を取ったとする自称学者もいます。
自称学者はこのように彼を擁護しました。

病気の診断基準には誤診の可能性をできるだけ少なくすることが望まれます。
どの患者も、適切な診断と治療が受けられる様に、医療側は常に患者の立場になって改善をしていって頂きたいと思います。

一般論としては正しいんです。
しかし自称学者は重大な間違いに気づいていません。
NATROMはネットに雑文を晒しただけで、論文を発表したわけではないことです。
雑文をさも論文のごとく扱うことで、自称学者は自らの非常識ぶりを天下に晒しました。
学会に出ない雑文など専門家は相手にしません。
論文は複数の学者がチェック(査読)して初めて学会誌に掲載されます。
これが「学会に発表する」ということです。
NATROMの雑文は査読を通っていません。
同業者の批判を受けていない批判は、学会では取り上げられません。
でないとDQNが際限なくイチャモン付けてきます。
NATROMの雑文を元に、誰が自称学者の願いをかなえてくれるのですか?
誰もいません。
事実自分が電話したとき、厚労省の担当は「誰も相手しません」と笑いましたよ。
ネットの雑文など相手にする専門家はいない、それが世間の常識です。
自称学者は自分や厚労省の公務員より学問の常識に欠けているのです。

学問に傾倒するあまり常識に欠ける人を、学者バカと呼びます。
学者バカは枝葉の細部ばかり気にして、全体が見えないことがよくあります。
ある所に北極へ行きたい人がいます。走りだしました。
「ちゃんと走っています。北極へ行くのが間違っているのですか?」と訴えます。
間違っちゃいませんね。
これだけ見れば。
でもいくら走ったところで「東」に向かっていては北極に辿り着けませんよ。
目的にベクトルを向けなければ、いかなる努力も実を結ばないのです。
医学会を動かしたければ、学会に論文を出すしかないでしょ?
ネットの雑文で何が出来ると?
そもそもNATROMは医学会を動かす気ありませんから。
だって「医学会の主流だから」と学会で発表することを避けてきたんですよ。
でも実態は逆で、NATROMの方が異端でした。
だったら学会で是非を問うべきだったのに、それをしなかった。
なぜ?
本職相手に通じないことを、本人が一番分かっていたからですよ。
医学者からの反論に耐えられない、あるいは査読を通らない。
そんな杜撰な雑文だから、素人相手に布教するしかなかったんです。
残念でしたね、自称学者さん。
NATROMへの崇拝が入って、現実が目に入りませんでしたか?
このような構図は乙武問題でも目立ちました。
「この方が言うから正しいに違いない」って人たちが。
これは科学の対極にある考え方です。
それは宗教です。
NATROM真理教なんですよ、要は。
自称学者は、自らが科学から一番遠い場所にいることに、まだ気づいていません。
学者バカって、こじれると死ななきゃ治らないみたいですね。

NATROMも自称学者も、これまでニセ科学を批判してきました。
ニセ科学批判は簡単なんです。
相手はなんの後ろ盾もない雑文です。
知識があれば素人だって批判できます。
ネットでそれらしいことを主張していれば済みますもの。
現に今、素人である自分がNATROMの雑文相手にやっているじゃないですか。
ニセ科学批判は楽です。
査読を通す必要がありません。
本職の批判による公開処刑の心配もありません。
素人を唸らせればいいのですからハードル低いですよ。
楽して評価されて、いいですね。

ニセ科学批判に調子こいたNATROMは、医学批判をその手法でやった。
化学物質過敏症をネットで叩いたんです。
これは学問じゃありません。
科学なら学会で討論しなければなりません。
学会に出せない異端の意見。しかも学会の権威を粉飾した。
NATROMの雑文はまさに「ニセ科学」なんですよ。
自称学者は「ニセ科学批判批判だ」と文句を言いましたが、それはおかしい。
科学の正当性は学会にあります。
それは持論を「医学会の主流だ」と粉飾したNATROMが一番理解しています。
学会を通さない学会批判はニセ科学です。
NATROMは理解して逃げていますが、自称学者はまだ理解していない。
NATROMが医者を自称している程度にしか、自称学者も科学者は自称でしかないようです。

« 化学物質過敏症患者の敵NATROM | トップページ | 東京都を退職しました »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548353/57606310

この記事へのトラックバック一覧です: 【化学物質過敏症】NATROMの雑文はニセ科学:

« 化学物質過敏症患者の敵NATROM | トップページ | 東京都を退職しました »