2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ガールズ&パンツァー 反論します! | トップページ | ガールズ&パンツァー 秋山殿は凄いんです! »

ガールズ&パンツァー 説明します! (性能向上編)

ガールズ&パンツァーを見た一部から「戦車の動きがおかしい」との声があがっています。
確かに第二次大戦の実写映像と比較すれば、作中の戦車は機動力が増しています。
「リアリティがない」と思う前に説明を聞いてください。
当時と今とでは、生産加工技術が飛躍的に進歩しているのです。

一般的に鋼鉄と呼ばれる金属は、鉄と炭素との合金です。
不純物が混じれば強度などは低下します。
同じ鋼板でも、半世紀の技術進歩は目覚ましいものがあるのです。
戦後の日本が重工業で躍進したのも、ひとえに製鉄業の技術が世界一の水準だったからです。

加工技術ですが、1940年代は優秀な職人なら1/100ミリの精度で加工できました。
(母校の大学に、戦前に輸入されたアメリカ製の工作機械がありました)
しかし半世紀も進歩した工作機械では1/1000ミリの制度で加工できます。

たとえば歯車同士では「バックラッシ」という遊びがあってはじめてなめらかに動けます。
これが小さいとガッシリとかみ合って動かず、大きいとガタガタと動いてなめらかに動きません。
高精度で加工できれば、部品の耐久性は飛躍的にあがり、動力の伝達ロスも少なくなり、故障の確率は著しく減少します。

戦車の弱点は重量です。
サスペンションなどの駆動系に負担がかかって故障しやすくなります。
エンジンの出力が足りずに遅くなります。
しかし部品の質と加工精度が上がれば強度が増して壊れにくくなります。
故障しないようおっかなびっくり使っていたものが、その心配なしで動かせるようになるだけで相当違ってきます。
さらに燃料や潤滑油の性能向上、電装品の品質向上があれば当時以上にエンジンを回転させることも可能です。
占領軍がアメリカ製のガソリンを入れただけで、日本軍機の性能が上がったなど有名な話です。

金属は不滅ではありません。摩耗しますし、力を受け続ければ歪みます。
駆動部など半世紀前の部品が残っている方がおかしいのです。
空襲される工場で急いで作られた部品と、現代技術の粋を凝らした部品とでは精度は桁違いです。
戦時中に粗製濫造された戦車を現代の加工技術で作られた部品でレストアしたら、動きがよくなるのは当然なのです。

戦車道は競技です。
使用される戦車の性能アップはされて当然。
世界大会まである競技で用品が半世紀も進歩しない方がリアリティがありません。
戦車道は高校生(まほ)がニュースに出るほどメジャーな競技なんですよ。
現代日本なら野球やサッカーに匹敵する人気です。
市販車をベースとした自動車レースを考えてください。サーキットで走る競技用車両を見て「市販車より性能がいい。おかしい!」とは言いませんよね?
戦争で使われたのは当時の工業品、戦車道で使われるのは競技用のカスタム品です。

戦車道の規則では「第二次大戦終結までに搭載される予定だった部材を使用すること」との規定はありますが、加工法については制約はありません。
当時存在しなかったコンピューター制御工作機や3Dプリンタを用いてもいいのです。
それどころか「部品等が調達不能等の理由で再現が困難な場合」は改造さえ許されているのです。


では実際に稼働しているレストア戦車が性能向上しないのはなぜか?

それは熟練の工員が部品を作っているわけではないからです。
不慣れな工員では材料をきちんと工作機械に取り付けることさえできません。
1/1000ミリの世界は、匠の域にあるのです。

戦車は大量生産された工業品で、精密部品以外はそれほどの制度は求められませんでした。
戦時中は動ける戦車をとにかく戦場に送ることが優先されました。
それに引き替え競技なら、専門の熟練工が最適に加工できる環境があります。
戦闘機レベルの精度を求められる部品なら、ボルト一本でそれがどういった機械のどの部分に使われるか分かるほどなんです。
当時と同じ設計図でも、現代で最高の技術で加工すれば部品ひとつひとつ性能は飛躍的に向上します。
それらを組み込んだ戦車は、戦場よりも生き生きと動けるのです。

環境が変われば性能も変わるのは当然。
第二次大戦当時より、戦車道で使われる戦車の性能は向上しています。
それがガールズ&パンツァーの作中でのリアリティなのです。

« ガールズ&パンツァー 反論します! | トップページ | ガールズ&パンツァー 秋山殿は凄いんです! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548353/57370017

この記事へのトラックバック一覧です: ガールズ&パンツァー 説明します! (性能向上編):

« ガールズ&パンツァー 反論します! | トップページ | ガールズ&パンツァー 秋山殿は凄いんです! »