2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 復興を妨げるのは左翼 | トップページ | 「瓦礫反対」は中国の命令 »

お詫び

読書の皆様ならびに関係者の皆様、昨今の僕の言動にご心配され、またはお心を痛めていること、心よりお詫び申し上げます。

今やっていることは自分の首を絞めることだと、重々承知しております。
なにしろ日本における最大のタブー、左翼に宣戦布告したのですから。

地方自治体が自分たちの気に食わないことをやろうとしたら、拡散希望で全国にツイート、物理的圧力で地方の主権を潰しにかかるのが左翼です。
やり口はオウム心理教と変わりません。
今は、バカが騒いでいる、程度に思っているでしょう。
しかし今後僕が目障りになったら、特にソフトバンククリエイティブ様にご迷惑をかけることになると思います。
魔法の材料ございますシリーズの絶版、打ち切りも覚悟しています。
続きを楽しみにしている皆様を裏切ることは、本当に申し訳なく、無念です。

それでも僕は今の行動を続けます。

被災者を助けたい。一日でも早く。
そのためには被災地の復興を妨げる左翼との対決は避けられないのです。
相手は市民活動家で、その背後にいるのは中国です。
大手マスコミは左翼という言葉さえ避け、市民と報じる日本で、僕にできることなど大してないでしょう。
目障りに映ったらプチっと潰される、そのくらい相手は強大です。

社会的に知名度が上がれば対抗できるのでは?
と今までは雌伏していました。
しかし今苦しんでいる人たちを前にして、いつかきっとでは遅すぎるのです。
被災地の復興は他の全てより優先されるべきだからです。
瓦礫拒否なんてエゴは許されないのです。

宣言します。
僕はやり過ぎます。
当の被災者が、ちょっとそこまでは、と思うほどやります。
それは左翼の力を知っているからです。
今、そして未来の日本のため、ここで左翼の化けの皮を剥がさねばなりません。
勝算など皆無です。
地雷原に突っ込むも同然、僕なんか簡単に吹き飛ばされます。
でも何もできないまま天寿をまっとうするくらいなら、志半ばで倒れる方を選びます。

なぜ無駄なことをするか?
それは後に続く人のために、少しでも地雷を減らすためです。

僕の後ろにはソ連軍みたいに政治将校はいません。
僕は自らの意思で地雷原に突撃するのです。

左翼は僕を右翼とレッテルを貼りました。
しかし子供の頃から終始一貫、僕は左翼思想です。
左翼とどこが違うか?

自分の頭で考えられるところです。
僕の上には誰もいません。
天皇も含めて遠慮するお偉方など存在しないのです。
そして日本を愛しています。

ではなぜ右翼にならないか?

僕は自由主義ではなく大きな政府の思想です。
世界基準で言えば左翼そのもの。
愛国心を否定する左翼が異常なんです。
そんな左翼なんて、日本にしかおりません。
世界のどこに愛国心を否定する国があります?
左翼が信奉する中国では愛国教育が行われ、愛国心がないと共産党ににらまれたら処罰対象です。
日本の左翼は外国の、それも独裁者の手先なのです。
だから日本人の絆を分断するため、瓦礫を拒否して復興を邪魔しているのです。

僕が立ち向かう先には中国がそびえています。
勝てるわけがありません。

なぜ右翼と合流しないか?

確かに団結すれば安全です。
しかし左翼に立ち向かうのが右翼だけだと、右翼が嫌な人たちはそこに入れません。
だから僕が、愛国心ある左翼として先鞭をつけるのです。

あとに誰も続かなくとも、そのとき僕はもうこの世にはおりませんから無念もありません。
きっぱりと果ててみせます。

これは遺書と受けとっていただいて構いません。

最後に家族へ。
こんなバカで本当にすまない。
家族を守ることもできぬ甲斐性なしには、家庭を持つことなんて過ぎた願望だった。
巻き込んでしまって本当にすまない。
家族より他人を優先するなんて、本能が壊れている奴のすること。
宗教にハマった人たちがやることを、僕はやる。
ただ、他人の価値観を刷り込まれたのではなく、己の信念を貫く。
そういう人間だったと、諦めてくれ。

« 復興を妨げるのは左翼 | トップページ | 「瓦礫反対」は中国の命令 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あなたがtwitterで「中国の核実験による放射性物質が~」で引用している「黄砂に含まれる放射性セシウムの起源推定」をちゃんと読みましたか?


「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく、1980年代以前のグローバルフォールアウト(地球規模の放射性降下物)に由来することが判明しました。」

恥ずかしいにも程があります。

アチャー様

読みましたよ。
米ソ英仏も核実験しましたからね。
で、今中国に残留している放射性物質の主要な発生源はどこだとおっしゃる?
他国由来の放射性物質の方が、自国内で行った核実験によるものの方が多いと?
もし他国由来の放射性物質が多かったら、中国がその国に抗議してないとおかしいですね。
そういう事実があるなら教えてください。

グローバルフォールアウトとしたのは、中国への配慮です。

僕みたいに中国に対して宣戦布告できる人間など、この国にはわずかしかおりません。
中国の機嫌を損ねない範囲でしかものを言えないのです。
命に関わりますから。

1989年6月4日天安門に集結した「民主化」を求めた若者たちを、中国共産党は戦車で引き潰しました。
大虐殺です。
全世界が報じて今も映像が残っています。

言論の自由さえない国が不都合な外国人に容赦するわけがないでしょ?

だから僕が言うんです。
殺される覚悟を決めた僕が。

「復興を妨げているのは中国だ!」と。

サムライ銀行様

貴重な情報ありがとうございます。
しかし残念なことに僕は国内問題で手一杯なのです。
中国の独裁政権を倒し民主化を達成することを願うのは僕も同じです。
だから、奇蹟が起きて日本から中国の影響を排除してなお僕が生きていたら、必ず中国民主化に取り組むことを約束することで、ご容赦ください。

>リンク元サイトで放射性物質の原因を「グローバルフォールアウト」としたのは、中国への配慮です。
>中国に残留している放射性物質の主要な発生源はどこでしょう?
>他国由来の放射性物質の方が、自国内で行った核実験によるものの方が多いとは思えません。
>もし他国由来の放射性物質が多かったら、中国がその国に抗議してないとおかしいですね。

完全な誤りです。

広島・長崎原爆の資料からも分かりますが、核爆発による飛散物質は簡単に成層圏上限まで到達します。
過去の核実験からも世界中に放射性物質が拡散することが確認されています。
例:マーシャル諸島の核実験による飛散
http://blog-imgs-31.fc2.com/g/e/d/gedano/Scan10010c.jpg

これはご存知でしょうか。世界の核実験が時系列で視覚化されています。
中国が核実験で使用した放射性物質の総量が、米ソに比べて以下に少ないか分かると思います。(国旗の横が各国の累積回数)
www.youtube.com/watch?v=dXxPRHkyAvY

「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」というのは特定国への配慮ではなく、単に科学的事実を示したものです。
核実験の各国の総量を考えれば主要な発生源は中国の核実験などとは言えないことは簡単に分かると思います。

私の指摘がデマだとおっしゃるなら反証となる調査結果等を示してください。

核爆発による放射性物質が「全て」成層圏へ行くような書き方ですね。
原爆は一点に集中された核物質が瞬時に核分裂をすることで爆発を引き起こします。
強力な熱と放射線と爆風とで周囲を破壊、放射性物質をまき散らします。
それらは球面状に広がるのです。
成層圏に達するのは、上に向かった放射性物質だけです。残りはすべて爆心地周辺に叩きつけられます。
ですからグローバルフォールアウトで世界中に降った放射性物質は、核実験によるものの一部。
大部分は爆心地周辺に残っているのです。
広島や長崎で被曝後に現地に入った人々が次々と急性放射性障害になったのはなぜでしょう?
大量の放射線を浴びたからです。
なぜか?
大量の放射性物質があったからです。
広島長崎が強く「放射能汚染」されたと、過去左翼たちは口々に言ってきました。
では中国国内の核実験場も同じ事ではないですか。
だのにまったく正反対のことを口にする。
これこそ左翼の持病「ダブルスタンダード」二重基準です。

さらに彼はその「一部の」放射性物質について、資料を元に「世界中に放射性物質が拡散する」と言ってます。
でも図を見れば一目瞭然「爆心地」周辺が一番多く放射性物質が降っています。
彼はマーシャル諸島の場所を知らないのでしょうか?
この資料は僕の主張「中国国内の放射性物質はほとんどが中国由来だ」を裏付ける内容です。
爆心地が中国なら、中国に一番多く放射性物質が降ったことの傍証ですから。
意見が反対する人が出した資料ほど、僕の主張の正当性を高めるものはありませんね。

>「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」というのは特定国への配慮ではなく、単に科学的事実を示したものです。
中国には言論の自由がありません。
なぜか?
それは中国共産党政府にとり「不都合な真実」が国民や世界の人々に知られると困るからです。
言論の自由を認めないことは「自分たちが悪事を行っている」ことの証拠です。
二十世紀に崩壊した左翼国家がそれを立証しました。
中国国内で共産党政府に不都合な調査や研究などできません。
中国に不都合な事実を公表してしまうと、中国での調査や研究がもうできなくなることもあります。
文化大革命当時、中国共産党政府は「都合の悪い事実」を報道した日本のマスコミ各社を国外に追放しました。
残ったのは朝日新聞だけです。
なぜ朝日新聞だけ追放されなかった?
共産党政府の都合のいい報道しかしなかったからです。
そのときの報道と、後の情報とで「どちらが正しかったか」自分で確認するとよいでしょう。
もっとも朝日新聞の場合、記録保存用の縮小版が「当時の報道」そのままだという保証はありません。
左翼は「不都合な事実」など「なかったこと」にしてしまうのですから。
今後も中国で調査や研究がしたい人たちは「中国への配慮」を強いられているのです。
現に東京都の石原知事は「南京大虐殺の調査を日中共同でやろう」と求めました。
もちろん中国は無視です。
これはもう「都合の悪い事実」が日本に伝わることを嫌がったと判断する以外ありませんね。
中国では共産党政府に都合がい研究調査しかできないのです。

言論の自由は民主主義の大前提です。
だから守らねばなりません。
だから「言論の自由がない国」の発言など信じてはならないのです。
「言論の自由がない国」を信じることは「言論の自由」を否定することになります。
言論統制しても他国の人々が信じてくれるなら、どこの国だって「都合の悪い事実」を隠そうとします。
だから「言論の自由のない国」は否定しなければならないのです。
「地球市民」全員の言論の自由を守るために。
左翼国家の主張に耳を貸すことは、独裁者を支援することに他なりません。
もしその自覚がなかったなら、今後改めればよろしい。
しかし自覚あってそれをやるなら、あなたは日本国民並びに中国国民の敵だ!

>大部分は爆心地周辺に残っているのです。

jpgの分布図を見てください。
中央付近の数値を取り5000、最辺縁部の数値を取り100とし、
中国の累積核実験数40、中国以外の累積核実験数2000を取りそれぞれ掛けると
40*5000=200,000, 100*2000=200,000となり中国の核実験由来の割合は「5割」となります。
しかもこれは核実験場の最中心部(東トルキスタン)からのみ黄砂が来ていると考えた割合で、
黄砂の発生地は東トルキスタンから山西省まで広く分布しているという事実を考慮すると更に割合は減少します。
爆心付近という点についても、
例えばセミパラチンスク核実験場なども東トルキスタン近くに位置しており、東トルキスタン中心部ですら
中国以外の核実験による核物質が大量に降下していることは明白です。
上記の結果等から「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」という記述が
特定国への配慮などではなく字義通りの意味を持つことがお分かり頂けたと思います。

また、「私の指摘がデマだとおっしゃるなら反証となる調査結果等を示してください。」と申し上げました。
これは研究結果、報告書などの数値を示してくださいという意味です。
あなたはコメントで、あなたの憶測以外のデータを記述していません。

こちらは分布図や大変大雑把ながら概算計算などで農業環境技術研究所の報告の正確性を示しました。
データを示さずに「特定国への配慮」などと憶測するあなたの記述は、
農業環境技術研究所の報告を侮辱するものと考えますがいかがでしょうか。

>中国には言論の自由がありません。

「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」
上記の記述は「農業環境技術研究所」によるものです。
中国の言説ではありません。

>左翼国家の主張に耳を貸すことは、独裁者を支援することに他なりません。
>もしその自覚がなかったなら、今後改めればよろしい。
>しかし自覚あってそれをやるなら、あなたは日本国民並びに中国国民の敵だ!

上記の誤謬により、以上の記述は無意味又は誤りです。
確認の上、反省してください。

あなたが出したのは「マーシャル諸島で核実験を行ったとき」のデータです。
「中国が核実験を行ったとき」ではありません。
それをいくら弁解したところで「爆心地付近が一番放射性物質の降下量が多い」事実は覆りません。

それと「成層圏に行かなかった」放射性物質がどこに行ったか、あなたは触れなかった。
皆さん、彼は「都合の悪い事実」をなかったことにしました。

>しかもこれは核実験場の最中心部(東トルキスタン)からのみ黄砂が来ていると考えた割合で、

誰が「核実験場の再中心部」と言いました?
あなたが勝手に条件を決めて勝手に話をして勝手に結論しているだけでしょう。

原発事故で「世界中に放射能をまき散らした」と左翼たちは言いました。
なら核実験による「放射能」は中国全域を「汚染」していなければおかしい。
ならば中国から来る人や物も全て検査するべきだ。
でも左翼たちはそうは言わない。
東日本大震災の被災地だけ「特別扱い」している。

これが「差別」でなければ何でしょう?


>中国以外の核実験による核物質が大量に降下していることは明白です。

明白ならなぜその資料を出さないのです?
そこまでお詳しいなら、中国の核実験による放射性物質の降下量の図とかも持っているのでは?
マーシャル諸島の資料なんかすぐ出せたのだから簡単ですよね?


>上記の記述は「農業環境技術研究所」によるものです。
>中国の言説ではありません。

元記事には「中国国内で調査した」とあります。
もし不都合な事実を書いたら、もう中国へ行けなくなるかもしれませんね。

韓国はこう国が発表しました。

>中国から飛来した黄砂から放射線物質セシウム検出、韓国が警戒感
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0321&f=national_0321_089.shtml

しかし日本では?
自民党時代でさえ、政府は中国に対し何も言えないのです。
ましてや一研究機関が中国の機嫌を損ねられるわけがない。

その証拠に、あなたは僕が指摘した中国の悪行に触れるのを、全て「避けた」ではないですか。

中国擁護
中国擁護
中国擁護

あなたの発言はそれだけだ。
それこそ、日本では「言論の自由」が保証されていない証拠だ。

「中国を批判すると危険だ」

それはあなたが立証した。

>あなたが出したのは「マーシャル諸島で核実験を行ったとき」のデータです。
>「中国が核実験を行ったとき」ではありません。
>それをいくら弁解したところで「爆心地付近が一番放射性物質の降下量が多い」事実は覆りません。

ですから、jpgの分布通り「爆心地付近が一番放射性物質の降下量が多い」仮定に従って計算したのです。
その結果「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」という記述が正確であることを示したのです。
人の文章を読んでから批判してください。

>誰が「核実験場の再中心部」と言いました?
>あなたが勝手に条件を決めて勝手に話をして勝手に結論しているだけでしょう。

何を言いたいのか不明です。
核実験場の最中心部でなければ黄砂発生地帯に他国の核実験由来の放射性物質も降り注いでいると言うこを認めるのでしょうか?
あなたの主張と矛盾しますが。お答えください。
私の述べた条件が誤っているというなら正確な条件を述べてください。

>明白ならなぜその資料を出さないのです?
>そこまでお詳しいなら、中国の核実験による放射性物質の降下量の図とかも持っているのでは?

Webで探しましたが見つかりません。
なぜそれを「持っている」と思ったのでしょうか。
また、それを提示したところでその性質上中国の資料となるので、
あなたの論調からすると信用すべきでないものとして
意味が無いのではないでしょうか。お答えください。
マーシャル諸島のデータは簡単に見つかったので示しただけです。
あなたの論拠は「爆心部にほぼ100%全部放射性物質がばら撒かれるに違いない」という憶測のみです。
私は他の核実験の降下量分布図によりそれが誤っていることを示しました。
反証するならデータを示してください。
何故データを示さないのでしょうか。お答えください。

またあなたは中国の分布のみ要求しているようですが、他国の放射性物質が黄砂発生地域に降下すれば
あなたの主張は覆ります。それは理解していますか?お答えください。

>それと「成層圏に行かなかった」放射性物質がどこに行ったか、あなたは触れなかった。
>皆さん、彼は「都合の悪い事実」をなかったことにしました。

成層圏に行かない放射性物質は対流圏で循環します。jpgを見れば書くまでも無いことだと思いますが…
対流圏は地球の熱平衡システムを担う最も循環が激しい層です。
ハドレー循環及びロスビー循環により地球中に放射性物質がばら撒かれることは極地付近を除き同じ条件であり、
黄砂発生域のみそれが異なるとおっしゃるならそのデータを示してください。
私が「成層圏上限まで到達します」と書いたのはそれだけ「対流圏中にばら撒かれたのでよく循環する」という意味です。

>その証拠に、あなたは僕が指摘した中国の悪行に触れるのを、全て「避けた」ではないですか。

私の問題提起に関係ない記述なので避けたのです。
放射性物質の降下と関係有るものがありますか?具体的に示してください。

>中国擁護

度々書いていますが、「農業環境技術研究所の研究結果の擁護」です。

度々申し上げていますが、私の指摘がデマだとおっしゃるなら反証となる研究結果、報告書などの数値・データを示してください。
あなたはコメントで依然としてあなたの憶測以外のデータを記述していません。
何故無視するのでしょうか。お答えください。

アチャー様

>「爆心部にほぼ100%全部放射性物質がばら撒かれるに違いない」

僕はそんなことは言ってません。あなたこそ発言を読みなさい。

>「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」

中国の爆心地付近で調査しながら、これを書かねばならないことが、中国が情報統制している証拠です。

で、球面状に放たれる放射性物質の、下半分が中国の大地以外のどこへ行くと?

それより今日のブログを見てください。
福島県に近い栃木県で、原発事故直後の放射性物質は「中国が核実験を行った際などより低く」とあります。

あなたの憶測に基づく数字いじりなど無意味なんですよ。

アチャーさんの論拠が科学的に証明されたものなら、その論文を発表したらいかがでしょうか?
中国からの放射能については、北海道大学の高田純教授が有名ですが、アチャーさんの論拠が科学的に証明されたものなら、確実に論破出来ると思います。

アチャーさんは、科学的な論争で真実を語りたいのですから、是非ともやらなければなりません。
何故なら、これは学問的な理論に対して、根本的に間違っていると言っているのですから。

先に2012年5月 6日 (日) 21時19分の投稿で私が書いた質問と要求に回答を示してください。

言論弾圧を批判する人物が度々の要求に関わらず質問(つっこみ・批判)を無視して自分の意見のみ述べるというのはなかなかのアイロニーだと思いますが。

お応えいただけない場合はあなたのそのようなマーケティング手法だったと考えることにし、議論は無意味と判断して返答は行いません。

 家族と同じくらい他人の幸福を考えようとしている、葵東さんは社会的情動を持つとても人間らしい人です。
 葵東さんは「家族より他人を優先する人」ではなく、「家族と同じくらい他人の幸福を考えようとしている人」なんだと思ってください。
 
 本能で行動する人はゴリラと変わりません、人間以下です。しっかり前頭葉で思考して本能を超えるのが人間です。

アチャー様

反証とは、証明ができて初めて求められるものです。

>核実験の各国の総量を考えれば主要な発生源は中国の核実験などとは言えないことは簡単に分かると思います。

あなたは、これをまったく証明していない。
それで僕に反証とか言うから、まず基本的な「爆発とは何か」から説明したのですが、あなたまったく理解できなかった。

球面状にばらまかれた放射性物質全部が上空に行くなら、広島長崎で二次被曝が発生しなかったことになります。

あなたは、日本人なら誰でも知っていることさえ知らない。

しかも報道で「原発事故発生直後の隣接県での放射性物質の降下量は【中国が核実験をしたとき】を除いて最高」と明確にされているのですよ。

それも読めないようでは、あなたは「都合が悪い事実が読めない肉体の持ち主」というしかない。

祖国に帰って勝利宣言でもしてください。:

一ノ瀬拓馬様

応援ありがとうございます。
先が見えない中ですが、被災者はもっとつらいんだから、外の人間が支援しなければ。
支援の火は消しません。

>中国からの放射能については、北海道大学の高田純教授が有名ですが、アチャーさんの論拠が科学的に証明されたものなら、確実に論破出来ると思います。

核実験被害についての論文を見つけましたが、私の主張と全く関係ありません。

私の主張を論駁する論文があるのでしたら、私の主張の該当箇所と対比させる形でリンクもしくは引用を示してください。
人の主張を理解してから権威を持ち出しましょうね。

relax様

ありがとうございます。
世の中には「主張した」ことをもって「証明した」と思い込む人が少なからずいます。
そういう教育環境にあった人にその傾向が強く見られます。
党の「主張」を「真実」と教え込まれ鵜呑みすることを強いられる環境に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548353/54611597

この記事へのトラックバック一覧です: お詫び:

« 復興を妨げるのは左翼 | トップページ | 「瓦礫反対」は中国の命令 »