2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 僕が瓦礫受け入れに賛成する理由 | トップページ | 瓦礫反対派でも分かる放射線の基礎知識 »

瓦礫反対派に明日はない

まずは朗報を。

昨日、北九州市で瓦礫反対派が搬入に対して違法な妨害をおこないました。

震災がれき、北九州市に到着 反対派が搬入阻止
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303622

「騒ぎが起きたのになぜ朗報?」と思った方、ここに注目。

>受け入れ反対派の人たち約40人が施設の正門や周辺道路を封鎖し

50人との報道もありますが、まあ少ないこと少ないこと。
全国に呼びかけて、集まった人数が40〜50人。
全国規模の環境問題なら、普通はひと桁上です。
この数字が意味することは歴然。

瓦礫反対派は孤立した。

先週の後半からツイッターで変化を感じていました。
旗を振っていた人たちのツイートが激減しているのです。
瓦礫反対派の主立った人は僕をブロックしています。
でもRTされれば見えるのです。
それが激減している。
てっきり「一万人」と銘打った違法妨害行動の準備に忙殺されていると思っていたんです。
蓋を開ければ、結果は驚くほどの少人数です。

これの意味する所は「左翼団体は瓦礫反対派に見切りを付けた」です。
僕が今までずっと懸念していたのは、左翼団体が瓦礫反対運動を大きくすることでした。
そこは中国と繋がっていて、日本において皇室以上のタブーだったのです。

だから僕は命がけになったのです。

でも、昨日の結果もうその心配は消えたと判断しました。
彼らは老獪で、バカな一部に騒がせて国内の反応を観察します。
運動が国民の賛同を得られると踏んだら一気に規模を拡大、逆に得られないと判断すれば撤退します。
今回は後者となりました。

左翼団体はこの問題から手を引きました。
残ったのは偏った知識を振りかざすバカと、それを盲信する無知だけです。
だから瓦礫反対派のツイートがRTされなくなったんです。
旗振り役のツイートをRTするのは、僕をブロックしている身内だけということです。

瓦礫反対派にはもう先はない。
あとは櫛の歯が抜けるようにどんどん減っていくでしょう。

だからと言って僕は黙りません。
被災地を支援する、そのために発言を続けます。
支援の火は消しません。

« 僕が瓦礫受け入れに賛成する理由 | トップページ | 瓦礫反対派でも分かる放射線の基礎知識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548353/54778572

この記事へのトラックバック一覧です: 瓦礫反対派に明日はない:

« 僕が瓦礫受け入れに賛成する理由 | トップページ | 瓦礫反対派でも分かる放射線の基礎知識 »