2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の29件の投稿

中核派はなぜバカか?

中核派は過激派と呼ばれる左翼テロリスト団体です。
最近は主婦層を取り込みソフト路線をとりつつあります。
同性だから安心と思ったら大間違い。
署名なんか気軽にしたら、あとで活動に引き込まれますよ。

中核派たち左翼テロリストは、昭和時代に多数の犯罪を重ね、罪のない一般人も含め多数の命を奪っています。
中には身内の殺し合い「リンチ事件」までやらかす始末。
だから市民団体は過激派が潜りこむことを恐れるのです。
自分たちの目的が過激派に利用され、挙げ句暴力組織の一員にされてしまうからです。

暴力組織という意味では暴力団と似ていますが、政治的主張がある点が違います。
中核派は「共産革命」を起こすことが目的なのです。
でも今の時代に「私有財産を国が全部管理すれば、国民が幸せになる」なんて思う人はいませんよね?
でも彼らはそれを実現したがります。
新しく加入した人たちは戸惑うでしょうね?
「なんでそんなことにこだわっているの?」
誰からも支持されない思想だから、話しても通じない。
だから暴力。
実に子供です。
いっそそんな思想なんて捨ててしまえば、今に通用する運動になれるのに。
中核派の看板さえ捨てて新しい組織になれば、テロリストの汚名から解放されるのに。
でも彼らは絶対やりません。

俺たちの戦いを否定するのか!?

と、昭和時代から活動を続けるお爺ちゃんが駄々をこねるからです。
これって、戦時中の軍部と一緒なんですよ。
「日清日露で散った英霊に申し訳ない」
と、アメリカ相手に戦争を挑んだ人たちと同じ。
過去にこだわって、未来が見えない人たちです。

だから、バカなんです。

失敗を失敗と認め、間違いを間違いと認めればいいのに。
年寄りがノスタルジーにこだわるから、活動全部が非合法となってしまう。
バカ。
まさにバカ。
本当にバカなんです。

若い人たちは誰も意見できないんですかね?
棺桶に片足を突っ込んだ耄碌どもに。
よほど敬老の精神が豊からしい。
でも「子供たちのために」という表向きのきれい事と見事に正反対ですよね。
年寄りたちが自分たちの過去を美化したがるせいで、若い人たちの未来が閉ざされているんですから。

だから僕は面と向かって言うんです。
中核派はバカばっかだ!
とね。

瓦礫反対派は被害者か?

瓦礫反対派と中核派との関係ですが、以下のとおりです。

がれきSTOP北九州!子どもを守ろうプロジェクト
http://hinanohanasi.blogspot.jp/

TO STOP BURNING OF RADIOACTIVE DISASTER DEBRIS IN KITAKYUSHU
https://www.change.org/petitions/to-stop-burning-of-radioactive-disaster-debris-in-kitakyushu

中核派「NAZEN福岡」のブログ
http://blog.goo.ne.jp/nazen-hukuoka1114

TO STOP BURNING OF RADIOACTIVE DISASTER DEBRIS IN KITAKYUSHU
https://www.change.org/petitions/to-stop-burning-of-radioactive-disaster-debris-in-kitakyushu#

違いが分かりますか?
僕も最初は気づかなかった。だって同じページが表示されたから。
よく見ると中核派の方はフェイスブックのアドレス末尾に「#」があるんです。
それだけで別のページになるの?
内容は同一だし、署名データも引き写される。
つまり個人情報は左翼テロリストの元へ。
昨日の問い合わせに「がれきSTOP北九州!子どもを守ろうプロジェクト」(旧:震災避難者お話の会北九州)は沈黙したまま。

それで、事が大きくなってから「被害者です」とでも言いますか?

追記 hiljaisuus NO NUKES @hiljaisuus 様から情報をいただきました。
「IPが同じだから同じサイト。#の有無は関係ありません。」
つまり「がれきSTOP北九州!子どもを守ろうプロジェクト」のサイトを左翼テロリスト中核派「NAZEN福岡」が紹介。その事実を知りながら主催者は拒否はおろか説明さえしていないと判明。
ますます「がれきSTOP北九州!子どもを守ろうプロジェクト」=中核派の図式が補強されました。

震災避難者お話の会北九州へ問い合わせた

メールを送るのはちょっとためらわれたので、フェイスブックでメッセージを送りました。


5/21にそちらが主催したイベントのチラシを中核派が「配った」などブログに記載しております。
http://blog.goo.ne.jp/nazen-hukuoka1114/e/0f0c6bda15aa082b060053cbd01c944a 
この方はスタッフなのでしょうか?
23日の事件を機関紙「前進」に発表するなど「運動を掌握した」とも取れる行為に及んでいます。
市民運動は過激派とは縁を切るのが鉄則のはず。
だのに旧HPでは「中核派」とも「過激派」とも記載しなかったのはなぜですか?
新HPではその事実さえ公表しないのはなぜですか?
そちらの団体が過激派と繋がっていないなら、断固とした拒絶声明を出すべきです。
それをしないのでは、実質支配されていると見なさざるを得ません。

返事が来るか来ないか、さて、どうなりますやら。


22b4e70486439b178c819185dfe213b3


LNT仮説の虚構と悪影響

僕は科学者ではありません。
大学で科学を学び、科学の基礎を学んだ技術屋に過ぎません。
専門家からは噴飯ものでしょうが、科学という概念さえ理解していない人のための「お話」と流してください。

科学とは疑うことからはじまります。
「この現象は今までの常識では説明できないのでは?」
と疑問に思い、頭で考えた理屈が「仮説」です。
仮説は実験や観察などのデータの裏付けを経て初めて「説」となります。
ここからが科学の本番です。
説に対して反証実験がされるのです。あらゆる角度から説を撃ち破ろうと、反証実験が繰り返されます。
ある説は否定されて捨てられ、ある説は修正してさらなる試練に立ち向かいます。
反証に継ぐ反証を耐え抜いた説が、栄えある「定説」となれるのです。

アインシュタインが特殊相対性理論を発表したとき、科学者の多くが「そんなバカな」と思ったそうです。
非常に難しいのでここでは簡単にこう説明します。
「真空中の光の速さが唯一絶対の尺度で、時間はそれに合わせて伸び縮みする」
こう言われたら誰でも「そんなバカな」と思うでしょう。大学時代の僕もそう思いました。発表当時理解できたのはひと桁との逸話もあります。
当然世界中で反証実験が繰り返されました。躍起になってアインシュタインを否定しようと実験が行われたのです。
その結果、全てが理論通りでした。
世界中の科学者が否定しよとしても否定できなかったから、アインシュタインは「20世紀最大の頭脳」とまで呼ばれたのです。
昭和時代には「特殊相対性理論は間違っている」と主張する人が本を出したりしていました。
僕らはそれを見て笑ったものです。「こいつ、世界中が検証した事実さえ知らない」と。

そして定説も盤石ではありません。かつて定説だったニュートン力学がそうなったように、相対性理論も「特定の条件でのみ適用される」と脇に追いやられることもあるのです。
最近は学術論文とは縁遠いので、すでにやられているかもしれませんね。
そのようにして科学とは、理論と実証との積み重ねで進歩してきたものです。

なぜ科学の話をしたかと言うと、今ひとつの仮説が重大な影響を与えているからです。
LNT仮説です。
電力中央研究所のサイトから引用させていただきます。
原子力技術研究所 放射線安全研究センターによりますと
http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/lnt.html
>■しきい値無し直線仮説(Linear Non-Threshold : LNT仮説)とは?
>放射線の被ばく線量と影響の間には、しきい値がなく直線的な関係が成り立つという考え方を「しきい値無し直線仮説」と呼びます。

過去のブログにあるように「年間100mSv未満の放射線被曝では健康被害が検出できない」という研究結果があります。でも放射線を管理する為に指標が必要だ、という「政治的」な必要から導かれたのがLNT仮説なのです。

>確たる情報に乏しい低線量の範囲について、放射線防護の立場からリスクを推定するために導入されたのがLNT仮説です。低線量放射線の影響についてはよくわからないが、影響があると考えておいた方が安全側だという考え方に基づいたもので、科学的に解明されたものではないことから「仮説」と呼ばれています。

科学者たちは政治家に命じられて必死に考え、この仮説を立てたのでしょう。
その苦労は事務屋さんに無理難題を押しつけられる技術屋である僕には痛いほどわかります。
そして今問題になっていることは、この仮説を根拠に微量な放射線を「危険だ」と主張する人たちがいることです。

瓦礫反対派です。

彼らは金科玉条のようにこの仮説を振りかざします。
実名は伏せますが科学者でありながら、この仮説を根拠に「広島長崎の低線量被曝による健康調査は間違いだ」と言う人さえいます。
でも、これって「仮説」でしかないんです。
実証されていないんです。
仮説をもって研究結果を否定することは、科学と正反対の行動です。
仮説と研究結果が違っていたら、仮説が間違っているにすぎません。
現に多くの研究がLNT仮説を否定しています。

>これまでの当センターを含めた多くの低線量放射線研究から、LNT仮説では説明できない事例が数多く見つかっています(*2)。また、当センターを含めた国内外の研究成果をとりまとめた「線量・線量率マップ」(*3)からは、放射線は一度に被ばくした場合と、少量ずつ時間をかけて被ばくした場合とでは影響が異なることも明らかになっています。このことは、放射線作業従事者が少量の放射線を何度も被ばくするような場合には、LNT仮説から予想されるよりも実際のリスクはずっと小さくなることを示唆しています。

先日のMITの研究結果でもこうあります。
「我々の研究からは、避難せずに福島に残った人に過剰なDNA損傷は起こらない、と予言できる」
そしてセンターではこう注記しております。

>各種の線量限度等を勧告している国際放射線防護委員会(ICRP)でも、「この仮説は放射線管理の目的のためにのみ用いるべきであり、すでに起こったわずかな線量の被曝についてのリスクを評価するために用いるのは適切ではない」としています。
>それにもかかわらず、微量の被ばくに対してLNT仮説を用いてリスクが評価される場合が後を絶たず(*1)、このような情報を受け取った一般の方々に誤解を与え、放射線に対する恐怖感、不安感を助長する結果になっています。

LNT仮説を根拠に微量な放射線を怖がることは、実に「非科学的」な話です。
繰り返し断言します。
低線量被曝による健康被害など出ません。
むしろ僅かな「放射能」に怯えるストレスの方がよほど健康被害を引き起こすでしょう。

引用元
*1低線量放射線の発がんリスクに関連する報道について
http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/20050722.html
*2 当センターの研究成果
http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/information/result/reportL.html
*3 電中研ニュース401号「解明すすむ微量放射線の影響」
http://criepi.denken.or.jp/research/news/pdf/den401.pdf

仮にも放射線について語るなら、素人でも分かるこの程度は調べなさい。
それとも「不都合な事実」はなかったことにしたのですか?

過激派に支配された「瓦礫反対運動」

瓦礫反対運動が左翼系なのはその主張から明らかです。

しかし当初「僅かな放射能でも危険」だった反対理由が今は「利権」となっています。
一般の人には理解できないことですが、これは思想的背景が変わったことを意味します。
今まで僕は「僅かな放射能でも危険」だと「中国から来る核実験由来の放射性物質も危険となる」から、彼らの背後にいる中国の意向だと思っていました。
そして北九州市の騒動で転機を迎えたと判断しました。全国運動で50人足らずというのは、左翼団体ではあり得ない少数だからです。
左翼団体はほぼ全て手を引いたことは歴然です。
ですが抗議行動そのものは従来の左翼の手法です。元々が左翼系の人だから、というのはあるが腑に落ちない。
妊婦さんを前に立たせるのは、普通の左翼団体では絶対やらないからです。「弱者の味方」が唯一の正義である彼らが、胎児を危険にさらすことは考えられません。
僕が違和感を抱いたのはそこです。そんな真似をしたら「子供を危険にさらして」と批判されることは目に見えています。事実僕は批判しましたし、ツイッターでも批判があがりました。
なぜそんな真似をしたかの理由が、昨日判明しました。

現地で指揮していたのが中核派、つまり過激派(左翼テロリスト)だったのです。

でなければあんな乱暴な手段誰も思いつきません。
すでに「北九州市での瓦礫反対運動は中核派に支配されている」と言っても過言ではありません。
胎児を危険にさらすバカが過激派以外にいたら、そっちの方が怖い。
過激派が外部の人間なら主催者がブロックできます。
それをしなかった(できなかった)のは、主催する側にいたことに他なりません。

そして反対理由が変わった理由も、他の左翼団体が手を引いた理由も、過激派の関与で全部説明がつきます。
いまだに共産革命を信奉する中核派は「バカ」なんです。だから「放射能」なんて理解できません。
シーベルトがなんちゃら、ベクレルがなんちゃらなんて聞いたら脳がオーバーヒート起こします。
左翼国家が真っ先に知識層を抹殺するのは、自分たちのバカさ加減を隠すためです。
そんなバカですから「放射能がどうたら」では広域処理に反対できません。
それで自分が知っている「資本家が搾取する」構造にしたわけです。つまり「利権」です。
反対理由の変更は、運動を後ろで操る者の交代を示しています。
過激派と行動を共にしたら同類に見られる。これは左翼活動をしている者なら骨身に染みていることです。「市民」と称する限り、絶対に彼らとの関係を知られてはならない。これは鉄則です。
中核派が瓦礫反対運動に入り込めば、他の団体が去って行くのは自明の理。
そのため1万人とぶち上げた全国行動が、たったの40〜50人になった次第です。
中核派はバカですから、自分ところの機関紙「前進」のサイトに手柄を報告、そして全国に関与が知れることとなったのです。

問題は「利用された側」の主催者です。

「震災避難者お話の会北九州」はサイトで

「前進」と震災避難者お話会は無関係です。
http://hinanohanasi.wa-sanbon.com/
と表明。リンク先にこうあります。

>前進という左翼系HPで取り上げられていたけど仲間じゃないよ。

「左翼系」です。「過激派」も「中核派」も名前すらない。


>左翼活動に赤ちゃんが動員されたとしたら史上初めての例でしょうね。
>前進さん、お疲れ様でした。

活動を利用されたなら「迷惑」を表明し、今後の「参加を拒否」しなければ変ですね。
それをしない。となれば今後も裏で繋がっている(実質支配されている)と見るしかないわけです。
絶縁する相手を気遣う理由はありませんし、ただの主婦がテロリストに対抗できるはずもない。
このまま「震災避難者お話の会北九州」はずるずると左翼テロリストの道具であり続けるでしょう。
一度支配を許したら逆らえませんよ。身元がばれれば家族が人質です。相手は暴力で他人を支配するテロリスト。
だからテロリストは絶対に許してはならないのです。
少数が暴力を背景にした恐怖で多数を支配する。それがテロの語源になったフランス革命後の恐怖政治です。
民主主義を否定するテロリストは、民主主義国家では絶対悪です。
断固として拒否しなければ、テロリストの道具にされるだけです。

利用された人が気の毒?
テロリストを招き入れた自分たちの愚かさを呪えばいい。
同情は、瓦礫反対運動によって傷ついた被災者へ向けてください。
本当の被害者は、被災地にいるんですよ。

ツイッターでも次々と反応がありました。

木下黄太 @KinositaKouta
ガレキ反対運動を、中核派が利用している話を聞きました。??????。いい加減にしてほしいです。きちんと放射能の健康被害を考えずに、政治目的に利用する団体はノー。放射能の健康被害を考えているお母さんたちの邪魔です。こういう事を利用するだけの政治団体、カルト団体は徹底的にNo!

決別する意志を表明しました。立派です。行動が伴えば、ですが。
気になったので質問。

中核派のブログに「5/21市民検討会に参加、チラシを配った」とあります。スタッフではないのですか?

木下氏も講演するイベントのチラシを、中核派が配ったと自分のブログで記述しているのです。
http://blog.goo.ne.jp/nazen-hukuoka1114/e/0f0c6bda15aa082b060053cbd01c944a

途端にブロックです。
表向きだけの拒絶だったみたいですね。

小野惇子 @atsukoono 
中核派の関与を「デマ」と決めつけ、奮戦するも、ごまかしきれなくなるとブロックして逃走。

海のピラミッド▲熊本   @SEA_PYRAMID 
デマであるとしてこれを証拠にしました。「[偽物] http://www.zenshin-s.org/ [本物] http://www.zenshin.org/ 」

ところが一夜明けたらこの発言を削除してこの発言。

推進派による反対勢力の分断工作ですね。まぁ昔からよくある常套手段です。反対勢力の内部に不協和音をあおり、「あいつは過激派だ」だとレッテル貼りして四分五裂させる。過激派など政府・東電の核テロリストに比べればかわいいもんですが(笑)

上の人(中核派)に叱られたのでしょう。
左翼運動にはよくある話です。
今はブロックしています。

onodekita @onodekita
この件を無視。

Ishikawa kazuhiro @ishikawakz
スカイツリーを心配する暇がありながらも無視。

山本太郎俳優 脱原発に60兆票! @yamamototaro0
RTのみで発言さえしない。

まあそんなもんでしょう。
結局「都合の悪い事実」はなかったことにするだけですね。
この場合の「事実」は「過激派が関与した」ではなく過激派の関与が「露見した」です。
彼らは一味です。
瓦礫反対派の主流はテロリストの仲間なんです。
拒絶しないことがその証拠だ。

親切そうなオッちゃんがコッテコテの過激派だったなんて例はいくらでもあります。
市民活動にはその手の連中がつきまとう。その分脇を固めねばなりません。

テロリストの道具に成りはてた瓦礫反対派に、いかなる正義があるのか?

「福島県で放射線による健康被害は出ない」MIT研究

米マサチューセッツ工科大学での研究結果を、信夫山ネコ様から転載許可を得たので紹介します。

「我々の研究からは、避難せずに福島に残った人に過剰なDNA損傷は起こらない、と予言できる」

と最新の研究で報告されました。

以下転載内容です。


コメント欄に加持さんから、いい情報いただきました。ありがとうございます。
http://web.mit.edu/newsoffice/2012/prolonged-radiation-exposure-0515.html
この程発表された、福島にとって朗報となるMIT(米国 マサチューセッツ工科大学=世界的な超一流理系大学にゃ~ 福島はインチキ外人部隊、没論理左翼的文系、C級専門外理系等にダマサレるな~)の新研究です。翻訳してみましたが、何しろネコなので、間違いあるかも。

やはり「大量一発被ばく」と「少しずつ長期間被ばく」は、トータルの被ばく量が同じでも影響は「別物」なのだにゃ(「積算被ばく線量」だけでなく、むしろ「線量率」=単位時間当たりの放射線量に注目にゃ)。
(以下信夫山ネコ訳)

A new look at prolonged radiation exposure
長期間放射線被ばくについての新しい見方
MIT study suggests that at low dose-rate, radiation poses little risk to DNA.
MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究は 低線量率放射線被ばくはDNAに対してほとんど害がないことを示している

Anne Trafton, MIT News Office
アン・トラフトン MITニュース・オフィス

April 26, 2012
May 15, 2012

A new study from MIT scientists suggests that the guidelines governments use to determine when to evacuate people following a nuclear accident may be too conservative.
MITの科学者たちの新研究は、政府が使っている、原子力事故後、いつ避難するかという基準が保守的(安全マージンが大きい)すぎることを示している。

The study, led by Bevin Engelward and Jacquelyn Yanch and published in the journal Environmental Health Perspectives, found that when mice were exposed to radiation doses about 400 times greater than background levels for five weeks, no DNA damage could be detected.
その研究はビヴァン・インゲルウォードとジャクリン・ヤンクが指導し、エンヴァイロメンタル・ヘルス・パースペクティヴ誌に発表した。マウスが環境(自然・バックグラウンド)放射線の400倍高い放射線に5週間にわたって曝されたが、DNA損傷は見つからなかった、というものだ。

Current U.S. regulations require that residents of any area that reaches radiation levels eight times higher than background should be evacuated. However, the financial and emotional cost of such relocation may not be worthwhile, the researchers say.
現在の米国の法律では、環境放射線の8倍に達した地域の住民は、避難しなければならない。しかし、そのような移住では、金銭的および心理的なコストは引き合わないだろうと、この研究者たちは言っています。

“There are no data that say that’s a dangerous level,” says Yanch, a senior lecturer in MIT’s Department of Nuclear Science and Engineering. “This paper shows that you could go 400 times higher than average background levels and you’re still not detecting genetic damage. It could potentially have a big impact on tens if not hundreds of thousands of people in the vicinity of a nuclear powerplant accident or a nuclear bomb detonation, if we figure out just when we should evacuate and when it’s OK to stay where we are.”
「その(環境放射線の8倍)状態が危険な水準にある、と示すデータは見つかりません」MITの原子力理工学部の講師であるヤンクは言います。「この論文は、人間は平均的な環境放射線の400倍高い放射線の地域に入っても、遺伝子損傷を見つける事は不可能である、ということを示しています。このことは原発事故や原爆の爆発の近くにいあわせた、数万あるいは数十万の人々に、いつ避難するべきか、あるいは留まって大丈夫か、を判断する場合、非常に大きな影響を与える可能性があります。」

Until now, very few studies have measured the effects of low doses of radiation delivered over a long period of time. This study is the first to measure the genetic damage seen at a level as low as 400 times background (0.0002 centigray per minute, or 105 cGy in a year).
今まで、低線量でしかも長時間にわたる被ばくの影響を測った研究は、ほとんど無かったのです。この研究は環境放射線の400倍(1分当たり0.0002センチグレイ、あるいは年間105センチグレイ相当 注:1グレイ=100センチグレイ=1シーベルト)という低いレベルにおける遺伝子損傷を測った、初めての研究です。

“Almost all radiation studies are done with one quick hit of radiation. That would cause a totally different biological outcome compared to long-term conditions,” says Engelward, an associate professor of biological engineering at MIT.
ほとんど全ての被ばくの研究は、「一気・瞬間」の被ばくでの研究です。それらは長時間での被ばくと比較して、全く異なった生物学的結果になっています、とMIT生物工学部のインゲルウォード教授は言います。

How much is too much?
基準は十分過ぎる?

Background radiation comes from cosmic radiation and natural radioactive isotopes in the environment. These sources add up to about 0.3 cGy per year per person, on average.
環境放射線は、宇宙線と地球環境にある放射性同位体に由来します。これらは平均して人間一人に対し、年間約0.3センチグレイ(の被ばくを 注:=3ミリシーベルト)加えます。

“Exposure to low-dose-rate radiation is natural, and some people may even say essential for life. The question is, how high does the rate need to get before we need to worry about ill effects on our health?” Yanch says.
低線量率での被ばくは自然界にあります。そして生命にとって有益だと言う人もいます。疑問は、どれだけ高い(線量)率で健康被害を心配しなければならないのか、です、とヤンクは言います。(注:線量率=単位時間当たりの放射線量)

Previous studies have shown that a radiation level of 10.5 cGy, the total dose used in this study, does produce DNA damage if given all at once. However, for this study, the researchers spread the dose out over five weeks, using radioactive iodine as a source. The radiation emitted by the radioactive iodine is similar to that emitted by the damaged Fukushima reactor in Japan.
これまでの研究は、10.5センチグレイ(注:=105ミリシーベルト)、すなわちこの研究での総被ばく量ですが、を「一気に」被ばくすれば、DNA損傷を招くことを示してきました。しかし今回の研究では、研究者たちは5週間の長きにわたって被ばく期間を広げ、放射性ヨウ素を用いて行っています。放射性ヨウ素から放出される放射線は、損傷した福島の原子炉からのものとほぼ同じです。

At the end of five weeks, the researchers tested for several types of DNA damage, using the most sensitive techniques available. Those types of damage fall into two major classes: base lesions, in which the structure of the DNA base (nucleotide) is altered, and breaks in the DNA strand. They found no significant increases in either type.
実験期間の5週間の最後、研究者たちはDNA損傷に関して数種のテストをしました。これには現在で最高の、精密な技術を用いています。この場合の損傷とは、大きく二つに分けられます。DNAの基礎構造が変化することによる病変と、DNA鎖の切断です。しかしどちらのタイプも、大きな増大が見られなかったのです。

DNA damage occurs spontaneously even at background radiation levels, conservatively at a rate of about 10,000 changes per cell per day. Most of that damage is fixed by DNA repair systems within each cell. The researchers estimate that the amount of radiation used in this study produces an additional dozen lesions per cell per day, all of which appear to have been repaired.
DNA損傷は環境放射線によってさえも、自然に起こっています。保守的に(安全マージンを多く取って)見て、一日に一細胞当たり大体一万回水準で起こっています。それらの損傷の多くは、それぞれの細胞内にあるDNAの修復システムで修復されています。今回の研究者たちはこの研究で使われた放射線の合計は、一細胞に対して一日当たり数十の病変を過剰に起こしたと計算しています。そしてそれらの全てが、修復されていったように見えます。

Though the study ended after five weeks, Engelward believes the results would be the same for longer exposures. “My take on this is that this amount of radiation is not creating very many lesions to begin with, and you already have good DNA repair systems. My guess is that you could probably leave the mice there indefinitely and the damage wouldn’t be significant,” she says.
この実験は5週間で終わりましたが、インゲルウォードはさらに長い期間被ばくを続けたとしても、結果は同じだろうと見ています。「私がこの実験で得たことは、そもそもこの放射線の総量は、多大の病変は生んでいないし、その上人間は既に優秀なDNA修復システムを持っている、ということです。私の想像では、もしマウスをここに無期限に放したとしても、損傷は大したこと無いだろう、ということです。」彼女の言です。

Doug Boreham, a professor of medical physics and applied radiation sciences at McMaster University, says the study adds to growing evidence that low doses of radiation are not as harmful as people often fear.
マクマスター大学医学部、放射線研究科のダグ・ボレアム教授はこの研究について、「低線量被ばくは一般に人々が恐れるほど危険ではない、という最近大きくなってきた確証を、さらに補強するものである」と言っています。

“Now, it’s believed that all radiation is bad for you, and any time you get a little bit of radiation, it adds up and your risk of cancer goes up,” says Boreham, who was not involved in this study. “There’s now evidence building that that is not the case.”
「今は、全ての放射線は危険で、ほんの少しの放射線でも浴びれば、それは加算されて行き、ガン発症の危険が増していくと信じられている。」とボレアム教授は言います。彼自身はこの研究には加わってませんが、「今やこの(信じられている)説が、間違っているという証拠が積みあがっている」と言っています。

Conservative estimates
保守的な評価

Most of the radiation studies on which evacuation guidelines have been based were originally done to establish safe levels for radiation in the workplace, Yanch says — meaning they are very conservative. In workplace cases, this makes sense because the employer can pay for shielding for all of their employees at once, which lowers the cost, she says.
「避難の基準が拠り所にする放射線研究の多くは、放射線作業の現場における安全被ばくレベルを確立するためのものだった」とヤンクは言います。「つまり非常に保守的(安全マージンを多く取っている)なわけです。現場の場合は、これは意味があります。つまり雇用主はこの基準で従業員全員をまとめて防護することができ、コストを下げられます」。

However, “when you’ve got a contaminated environment, then the source is no longer controlled, and every citizen has to pay for their own dose avoidance,” Yanch says. “They have to leave their home or their community, maybe even forever. They often lose their jobs, like you saw in Fukushima. And there you really want to call into question how conservative in your analysis of the radiation effect you want to be. Instead of being conservative, it makes more sense to look at a best estimate of how hazardous radiation really is.”
しかし、「放射能汚染された環境で、放射能物質の出所がもはや制御できない、また全市民が自分の被ばくを避けるために何かを犠牲にしなければならない場合には・・・」とヤンクは言います。「人々は家庭や地域を離れなければならない、おそらく永久に。彼らは仕事を失います、福島のケースのように。そして本当に知りたい疑問は、自分が選ぶ状態における被ばくの影響の見方が、どの程度保守的(安全マージンを多くとっている)なのか、となります。保守的である代わりに、放射線の本当の危険性はどの程度なのかを見つめることは、ずっと意味があることなのです。」

Those conservative estimates are based on acute radiation exposures, and then extrapolating what might happen at lower doses and lower dose-rates, Engelward says. “Basically you’re using a data set collected based on an acute high dose exposure to make predictions about what’s happening at very low doses over a long period of time, and you don’t really have any direct data. It’s guesswork,” she says. “People argue constantly about how to predict what is happening at lower doses and lower dose-rates.”
こういった「保守的」な評価は、「急性(瞬間・短時間での)」被ばくを元にしています、そして低線量および低線量率で何が起こるのかを、推定(外挿)しているわけです、とインゲルウォードは言います。「人々は現在、基本的に急性で高線量の被ばくで集められたデータを使って、低線量で長期間にわたる被ばくで何が起こるかを予想しています。本当は直接のデータを持っていないわけです。それは「想像」でしかない。」と彼女は言います。「人々はいつも、低線量、低線量率で何が起こるかを予言することについて、議論しているのです。」

However, the researchers say that more studies are needed before evacuation guidelines can be revised.
従ってこの研究者たちは、もっと研究が必要で、そうなれば避難基準を見直すことができると言っています。

“Clearly these studies had to be done in animals rather than people, but many studies show that mice and humans share similar responses to radiation. This work therefore provides a framework for additional research and careful evaluation of our current guidelines,” Engelward says.
「明らかにこれらの研究は、人間ではなく動物で行われてきた。しかし多くの研究は、マウスと人間は放射線に対して同じ反応を示すことを示している。この研究はそれゆえに更なる研究の枠組みを提供するし、我々の現在の基準を、慎重に見直す事を迫るものだ。」とインゲルウォードは言います。

“It is interesting that, despite the evacuation of roughly 100,000 residents, the Japanese government was criticized for not imposing evacuations for even more people. From our studies, we would predict that the population that was left behind would not show excess DNA damage — this is something we can test using technologies recently developed in our laboratory,” she adds.
「興味深いことだが、およそ10万人が避難したにもかかわらず、日本政府はさらなる避難を強制していないことで、批判された。我々の研究からは、避難せずに福島に残った人に過剰なDNA損傷は起こらない、と予言できる。これが、私たちが最近実験室で開発した技術を使って検証できる成果です」と彼女は加えます。

The first author on these studies is former MIT postdoc Werner Olipitz, and the work was done in collaboration with Department of Biological Engineering faculty Leona Samson and Peter Dedon. These studies were supported by the DOE and by MIT’s Center for Environmental Health Sciences.
この研究の最初の著者はMITで博士号を取ったウェルナー・オリピッツであり、生物工学研究室のレオーナ・サムソンとピーター・ディダンが協力して行った。また米国エネルギー省とMIT環境健康科学センターが援助した。

(以上)

(「反原発」=「反福島」さんよ、米国エネルギー省の援助だから原発推進派だ!とか聞き飽きた「思考停止ドグマ」叫ぶなよ。あなた方が大好きな「外国」の学説だからにゃ。MITと米国学会をナメるにゃ~。)

「反原発」=「反福島」サディスト、そしてマスゴミや「無料ジャーナリスト」らによって、「バカ」か「御用」、「ガン死する」、さらには「福島の人=県外に自主避難した人」とされ、「無視」されている我々「避難せずに福島に残った人」を意識してくれたMITの研究者のみなさんに、感謝します。

(追記)
なおもうひとつ、コメント欄にtateさんからいただいた貴重な情報も掲載しておきます。ありがとうございます。

青森県六ヶ所村にある環境科学技術研究所は、マウス(オス・メス500匹ずつ)を使って「低線量率」被ばくの影響を調べています。線源はセシウム137で、400日間、一日当たり①0.05ミリグレイ(400日の合計=20ミリグレイ:これは現在のヒト基準「年間20ミリシーベルト」に近い)、②1ミリグレイ(400日合計=400ミリグレイ)、③20ミリグレイ(400日合計=8000ミリグレイ)の放射線を被ばくさせています。
(注:この場合もミリグレイ=ミリシーベルトと考えられる)
(なお、③であっても科学的には「低線量率」と呼ばれる 線量つまり合計は①=低、②=注、③=高)

その結果、①ではオス、メス共に被ばくしていないマウスと比較して寿命に変化はありません。 ②ではメスに、③では両性に腫瘍発証による影響があります。

http://www.aomori-hb.jp/houkoku/H23_02.pdf

「低線量率放射線照射マウスの寿命変化(寿命試験)」
http://www.aomori-hb.jp/ahb2_03_01bio01_seika03.html

なお「放射線と白血病(線量率による違い)」
http://www.aomori-hb.jp/ahb2_03_01bio03_seika.html
は興味深い研究ですが、「寿命試験(注:上記の研究)において低線量率*1・高線量放射線連続照射マウスを調べた結果から、非照射マウスに比べて白血病の発生率が有意に増加していることが観察され、低線量率*1の放射線でも連続照射によって高線量を照射すると白血病を誘発する作用を持つことが明らかになりました。」との記述にはご注意。

このままだと「低線量率でも白血病になる!」と「放射脳」、「反原発」=「反福島」サディストらが騒ぎそうだが、この「低線量率」のケースは、「*1:1日あたり20mGyと自然放射線の8000倍ですが、低線量率の定義の範囲内です。異常が見られると想定される線量率であり、以下の低線量率の表記はこれに該当します」とある。つまり上記「寿命試験」の、③のケースのことである。決して①、②ではない。

この「線量」「線量率」の「高」「中」「低」は、シロウトの「感覚」では話にならない。ちゃんと科学的定義がある。
「用語解説 放射線の量」
http://www.aomori-hb.jp/ahb2_08_h08_term.htmlが詳しい。

(5/24追記)コメント欄にえりさんからいただいてました。アクセス増大はこちらの「まとめ」に取り上げていただいたからです。ありがとうございます。

「MIT から低線量被曝影響の研究論文〜自然放射線の400倍でもDNAへの過剰影響なし」
http://togetter.com/li/307976
真摯なやりとりで興味深いです。科学者が集まっていて、とてもレベルが高いです。

やはり「最後の砦」=「この研究に内部被曝は入ってない 内部被曝は外部被曝よりはるかに危険」云々がありました。細胞、DNAレベルでの実験ですから、内部も外部もない。由来の違いは問題にならず、実際の被曝線量が問題でしょう。また福島での内部被曝の実態はかなり明らかになってきましたが、大した量ではないです(弘前大学のチーム:初期の一ヶ月間の被ばく=事故後浪江町に残った人でヨウ素甲状腺内部被曝=等価線量87ミリシーベルト。実効線量に直すとこの20分の一だかです。これ朝日新聞とかちゃんと書いてないですよ。得意の福島脅しだ。)。

この「まとめ」、ある「反原発」の人の「タイトルを変えてくれ」という必死な懇願ですが、「長野県で福島の子どもの甲状腺に異常見つかる」「札幌で郡山からの避難者に甲状腺ガン」なんてタイトルに散々やられた福島から見ると、「あらら~」甘い。あれらはこんなもんじゃなかった。

なおもとの論文はこちら。
http://ehp03.niehs.nih.gov/article/fetchArticle.action?articleURI=info:doi/10.1289/ehp.1104294

「あれはネズミの話だ、ヒトとは違う」には、こちらを。
「マウスとヒトも驚くべき相同性を持っています」
http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/200503/hik04p.htm
ネコですが、ネズミさんに合掌します。

もうひとつ「あおこめ」さんの翻訳です。ネコ訳にはまちがいがあるかもしれませんので、こちらもご参考ください。
http://www.twitlonger.com/show/hgi7a6

なおネコ訳では、注でグレイ=シーベルトとしていますが、そもそもシーベルトは人間についての単位ですから、厳密には成り立っていません。アバウトな換算です。昨年3月の原発事故以来、すっかりシーベルトさんと親しくなってしまった福島県民に、この「朗報」をシンプルに伝えるのが目的です。あしからず。水素爆発を「核爆発」と言う武田邦彦尊師よりはマシかな~、と思いました。

なおタイトルにも使った「予言する」ですが、predictですから、本来は(根拠のある)予測をする、でしょうか。prophetとかsoothsayerとかの「予言」とは違うと思います。「予言だから当たらない」って頑張る向きもあるようなので。確かに「秋には福島は原爆ぶらぶら病があふれる」とか、「年明けには福島の子どもに甲状腺ガンが発症する」とかの「反原発」の「予言」が、いつもまったくハズレなことは、福島ではよく知られています。本文ではこの次の文章が、この予測に対するMITの研究者たちの確信を表していると思います。

いずれにせよこれらは、信夫山ネコ訳の責任で、原文の価値を損なうものではありません。


http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-87.html

瓦礫反対派に【過激派】がいた!

過激派とは左翼テロリストのことです。
彼らが瓦礫反対派にいたことは、当人のサイトで明らかにされました。

北九州で放射能汚染がれき試験焼却に大反撃、搬入実力阻止したぞ!
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/05/post-1601.html


これだけではよく分からない人へ、下の方に「前進」のモバイルが紹介されています。

前進とは、革命的共産主義者同盟の機関紙です。
http://www.zenshin.org/f_zenshin/zenshin.htm

発行元は革命的共産主義者同盟全国委員会
「反帝国主義・反スターリン主義の旗のもと 万国の労働者団結せよ!」と主張しています。

ここがどういうところかとwikipedhiaで調べれば、こうです。

マルクス・レーニン主義を掲げる日本の新左翼政治団体である。通称中核派(ちゅうかくは)、関西派離脱以降は中核派中央派(ちゅうかくはちゅうおうは)と呼ばれることもある。

ソ連は失敗したが、自分たちなら理想とする共産主義社会を実現できると思っている人達ですね。

元のサイトを見れば「闘争記事」として様々な活動を行ってきたことがわかります。

三里塚 (79)
反原発・反核 (178)
安保・沖縄 (21)
国際連帯 (12)

昭和の時代からの由緒正しい過激派、つまり左翼テロリストですね。
左翼活動家いわゆる「プロ市民」の行動が見られたことから、北九州市の騒動に左翼活動家がいることは分かっていました。
しかし現在主流の左翼団体が関与していないのは、50人という少数から明らかです。
どんな奴がいたのかと思っていたら、当人の方から尻尾を出してくれました。
過激派がいたら、他の左翼団体も関わり合いは避けますよ。
だってテロリストと同列に並んだら、今まで発言してきた自分たちの「きれい事」が全否定されてしまう。

果たして他の瓦礫反対派が左翼テロリストをどうするか、注視していきたいと思います。

瓦礫反対派「お腹の子」は心配じゃないの?

瓦礫反対派の異常行動が次々と明るみに出ています。

午前のブログで北九州市の騒動を紹介しました。
妊婦さんがトラックに近づいて、騒乱の中警察に連れて行かれる。

あれを見て僕はとても違和感を覚えました。

「お腹の子が心配じゃないのか?」

妊婦さんは転ぶだけでも危険です。
たとえ安定期だとしても、群衆の中でもみくちゃとか、胎児に万一があったらどうする?

「放射能で子供たちに影響が!」と瓦礫に反対する人たちが「強い放射線が出ている」と主張するトラックに妊婦を近づけ、挙げ句に警官隊との騒乱に巻き込む。

あの場にいた誰も、妊婦でさえも「お腹の子」を心配しないのです。

瓦礫反対派のサイトを見ても「警官」に文句を言うばかりで、そもそもあの場に妊婦がいたことを問題にする人はいません。

妊婦さんはいたわるもの、そう僕は仕付けられて育ちました。
ところか瓦礫反対派にとり妊婦は「警官を悪役に仕立てる役割」程度なのです。

あの場にいた人たちの誰も、そして瓦礫反対派たちの誰も「お腹の子」を心配しない。

違和感が募ります。

彼らは、果たして本当に日本人なのでしょうか?

瓦礫反対派「広域処理瓦礫は安全だ」と証明

結論から述べます。

広域処理の瓦礫は安全です。

理由を下記に示します。
平成24年5月23日、北九州市で瓦礫搬入を全国から集まった瓦礫反対派が妨害しました。
警察が道路交通法違反で排除するなかに、とんでもない人がいました。
妊婦です。
「瓦礫から出る放射線は有害だ」と瓦礫反対派は主張してきました。
でも瓦礫を積んだトラックに妊婦が近づくのを、周りの誰も止めません。
「子供を守るために搬入阻止するんだ」と言う人たちが、胎児の心配をしないのです。
おかしいですよね?

そこから導き出される結論はひとつ。
「瓦礫反対派は瓦礫を危険だとは思っていない」
だから妊婦さんも安心して近づけたのです。

結論に戻ります。

広域処理の瓦礫は安全です。

以下は瓦礫反対派のサイトから得た証拠の数々です。
ネット配信されていましたから、見ていた人も大勢いるはずです。
言い逃れはできません。
瓦礫反対派は自ら「瓦礫の安全性」を証明しました。


瓦礫利権:北九州市のヤクザ並対応、福岡県警察は妊婦に暴行
http://sekaitabi.com/kitakyushu.html

警察は住民の税金で運営されながら、憲法も守らず住民に暴行している。

今回は、なんと妊婦まで連行する非道である。


001

これが今の日本だ!!北九州市・無抵抗の市民を北小倉署の警察官が力づくで排除!妊婦さんにも手を出し、けが人多数
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1908.html


小倉北署:直ちに移動しなさい、直ちに移動しなさい

ー子どもを殺すのか
ー妊婦だぞ彼女は、妊婦だ妊婦だ

002


北九州市デモの集団逮捕 やりとりまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133770234730759601

小倉北署:直ちに移動しなさい、直ちに移動しなさい

ー子どもを殺すのか
ー妊婦だぞ彼女は、妊婦だ

市民C
ー来ないで!
ー彼女は妊婦だぞ
ー人殺し

Photo


北九州警察市民に暴行、妊婦は大丈夫か?
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-2418.html

【福岡県警察 瓦礫反対の妊婦に暴行】
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?m=0&i=0

これが今の日本だ!!北九州市・無抵抗の市民を北小倉署の警察官が力づくで排除!妊婦さんにも手を出し、けが人多数 
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/893.html


最後に、バカ共の騒ぎの鎮圧に当たった警察官の皆様、本当にありがとうございます。
皆様のおかげで民主主義は守られました。

瓦礫反対運動による健康被害

これを読んでいる皆さん、あなたたち全員の体内にはガン細胞があります。

驚きましたか?
でも本当のことなんです。
人間は60兆の細胞があると言われていまして、90から120日で入れ替わります。その際に正常に分裂できずに異常細胞が発生します。大部分は自己崩壊しますが、一部がガン細胞となるのです。その数は一日あたり1000〜2000です。引用1
つまり放射線の影響がなくてもガン細胞は日常的に体内にあるわけです。
ではなぜガンとして発病しないかと言いますと、体内の免疫機能によって処理されるからです。
つまり免疫機能の処理能力内なら、ガン細胞が増えてもガンにはならないのです。

話は変わりますが、ガンの原因と言われながら数値化されないものがあります。
それはストレスです。
ストレスを受けると交感神経が優位に働き、さまざまな体内変化を起こします。

問題のひとつが活性酸素の増加です。
活性酸素は老化の原因などで知られていますが、一番の問題は「細胞の異常分裂の原因となる」ことです。引用2
上記で説明したとおり、異常分裂がガンの原因なのです。
さらに内臓機能を不活発にして食欲不振や血行不良を起こし、ステロイドホルモンの放出を促します。引用3
これらは免疫機能の能力を下げます。
というように、ストレスがガンのリスクを高めることは明らかです。
しかしストレスに対する人間の感受性は個体差が大きく、失恋で自殺してしまう人がいれば、何度も離婚を繰り返して平気な人もいます。
ストレスの強度も、それを受けた側のダメージも数値化できません。
分からないことは分からない。
しかし、これを見過ごすのは政治的にいかがなものでしょうか?

今、被災地の子供にとって一番重大な健康被害は、トラウマです。

坪倉医師は、健診や健康相談で、一人当たり30分の時間をかけて、生活の状況や心配事を丁寧に聴いています。これまで大勢から話を聴いて、原発事故による 最大の被害は、子供の放射能トラウマだと確信するようになったそうです。多くは、大人の放射能トラウマによる二次的放射能トラウマだそうです。年齢が低い ほどトラウマの程度が強い印象があるとのことです。女子高校生が将来子供を産めないと話しているということまで伝わってきます。さらに、鬱状態になった大 人がつらく当たって、子供に身体症状を伴うような深刻な影響が生じる事例が目に付くそうです。坪倉医師は、マスメディアの報道が、この地域に、放射能汚染 そのものを超える大きな害をもたらしていると感じています。(引用4)

同じ放射線量を浴びても、ストレスの高い人の方が低い人よりガンになるリスクが高まります。
瓦礫反対派はただでさえストレス状態の被災者に、さらなるストレスを与え続けているのです。

瓦礫を拒絶する彼らの言動を見て、被災地の子供はどんな思いを抱いているでしょう?
「僕らの町の欠片を拒絶された」
「あんなに拒絶される中に僕らはいるんだ」
「放射能は怖いんだ。だってあれだけであんな騒ぎになるんだ」

罪もない子供たちの心を傷つけることは、誰だろうと許しません。
だから僕は瓦礫反対派を、絶対に許しません。

僕は民主党政権に訴えます。
「被災地の瓦礫は全量広域処理せよ!」
被災地は地震と津波の処理だけで手一杯です。
地元が希望した分だけを地元で処理し、残りは全国が負担する。それが民主党政権を選んだ国民の責任です。


引用1 All About http://allabout.co.jp/gm/gc/300815/
引用2 All About http://allabout.co.jp/gm/gc/300837/2/
引用3 生活習慣病予防講座 http://seikatsu-kaizen.net/stress/menekiryoku.html
引用4 医療ガバナンス学会 http://medg.jp/mt/2011/10/vol303.html

瓦礫反対派でも分かる放射線の基礎知識

瓦礫反対派があまりに放射線のことを知らないので、基礎知識をまとめました。

はじめに明言します。僕は放射線の専門家ではありません。
高校大学の物理で学んだこと、反核反原発運動で得た知識、そして最近ネットで知ったことが中心です。
間違いや新たに改訂されたことなどあるでしょう。
ご指摘、訂正などありましたらお寄せください。

語句の定義
放射能:放射線を出す能力 単位Bq
放射性物質:放射線を出す物質
放射線:αβγ線と中性子線、X線を加えることもある。X線とγ線は電磁波ですが、他は電子や中性子などの粒子です。
放射性同位体:物性は普通の原子だが、放射線を出す放射性物質
線量:放射線の量
線量等量:放射線の生物に対する影響を加味した量 単位Sv


放射性物質
個別の物質ではなく、ひとつの物質で放射能があるないなどがあります。
セシウムには放射能を持つ放射性セシウムの他に、放射能がないセシウムもあります。
人体を構成する物質の炭素にも放射性同位体があり、放射線を体内で放出しています。年代測定に使われるなど、考古学では基礎知識です。
つまり物質の性質と、放射能の有無は別なのです。
「放射性物質に敏感」などあり得ません。水を構成する水素にだって放射性物質があるんです。

放射能汚染
言葉として成り立ちません。
放射線を出す能力を他に与える例など、宇宙からの中性子線で炭素原子などが放射性同位体になるくらいしか、僕は知りません。
一般的には放射性物質が付着、あるいは取り込まれる状況を差して「放射能汚染」と表現しているようです。
中には「放射線を浴びた人」を「放射能に汚染された」と差別する人もいます。しかしそれは「レントゲンを撮った人」を差別するくらいバカらしい真似です。

人工と天然(自然)
放射線は上記したように5種類しかありません。
「天然(自然)の放射線は安全だが人工は危険」なんてことはありません。
人体に与える影響は放射線の種類と線量、それだけで決まります。
天然(自然)が安全なら、原発の核燃料のウランは天然(自然)だから安全となります。僕ならすぐ逃げますけど。

被曝
放射線を浴びること。
地球上に放射線がない場所などありません。
人間の体内にも炭素の放射性同位体などの放射性物質があります。体重60kgの人で放射性炭素の放射能は4000Bqです。引用1
生物は放射線がある中で生まれ、進化してきたのです。放射線への耐性は元々あります。
被曝は特別なことではありません。

内部被曝
「内部被曝は外部被曝の600倍」との風説が流れています。
でも人体に与える影響は放射線の種類と線量、それだけで決まるのです。
内部被曝の場合、放射性物質が残留するため被曝時間が長くなることはあります。ですが放射線は蓄積されません。長時間あろうが、全体の線量が高まらなければ問題ありません。
外部被曝との大きな違いはα線の影響です。紙一枚で遮断されるα線は、外部被曝の場合はほとんどが服に遮られて皮膚に届きません。α線は最初に当たった物質で遮断される替わりに、そこで全エネルギーを出し切ります。そのため同じBqでも他の放射線よりSvの値は高くなります。内部被曝だと、外部被曝では影響が少ないα線の影響が高まります。
それ以外は外部被曝との差はありません。誰が言い出したかは知りませんが、600倍の数字が独り歩きしていますね。

放射線障害
放射線を浴びることで健康を損ねること。
急性放射線障害(早発性放射線障害)と晩発性放射線障害とに分かれる。
事故当時現場にいた作業員ですら急性放射線障害は発生していないので、以後も発生はしないでしょう。
晩発性放射線障害が100mSv/年以上で起きることは知られています。引用1
しかしそれ以下になると他の要因の影響に隠れて、検出不可能なのです。

放射線とガン
「放射線はガンの原因になる」と主張される方は大勢いますが、他の要因に比べてそれほど問題視することはないと思います。
国立がん研究センターの研究によると、放射線と他の要因とでガンのリスクは下記となっております。

1000-2000mSv (1.8) 【1000mSv当たり1.5倍と推計】
喫煙者 (1.6)
大量飲酒 (450g以上/週)※ (1.6)
500-1000mSv(1.4)
大量飲酒 (300-449g/週)※ (1.4)
200-500mSv (1.19)
肥満(BMI≧30)(1.22)
やせ(BMI<19)(1.29)
運動不足 (1.15-1.19)
高塩分食品(1.11-1.15)
100-200mSv (1.08)
野菜不足 (1.06)
受動喫煙<非喫煙女性> (1.02-1.03)
100mSv未満 検出不可能
(単位は倍)引用2

100mSv未満の被曝については仮定を元に線を引く人もいます。「しきい値」なしの直線仮説です。
僅かな放射線でもガンが発生したと主張する人はいます。
しかし上記のように他の要因が大きいのに、果たして放射線が原因と断言できるでしょうか?
他の要因から完全に隔離された人でなければ「原因が放射線」だとは言い切れないはずです。
科学の場合「分からないことは分からない」が正しいあり方なのです。
分からない部分に線を引くのは政治家の仕事です。

世界中の放射線の安全基準は科学は踏まえていますが、すべて「政治的な数値」です。

引用1 国立がん研究センター http://www.ncc.go.jp/jp/shinsai/pdf/shiryo2.pdf
引用2 国立がん研究センター http://www.ncc.go.jp/jp/shinsai/pdf/cancer_risk.pdf

追記1:今話題のセシウムの放射線の強さはこの程度です。
1 mの距離に1.00 MBqの線源があった場合、ガンマ線によって1日に1.9 µSvの外部被曝を受ける(wikipedhiaより)
年間で800μSv未満です。しかも放射線は距離の2乗に反比例して弱まります。
何キロも離れた場所でのことを、それほど気にすることはないと思います。
経口で10000 Bqを摂取した時の実効線量は0.13 mSvとされる。(wikipedhiaより)
基準値 一般食品:100Bq/kg 飲料水:10Bq/kg
基準値ぎりぎりの食品を食べ続けても、健康被害はかなり難しいですね。

追記2:放射線防護服
誤解されている人が多いですが、あんな布一枚で防げるのはα線だけ。ほとんどの放射線は素通しです。
あれは服に付着した放射性物質を外に持ち出さないように着るものです。
内部被曝を防ぐためにガスマスクしていますが、もちろんあれでもα線以外は防げません。

追記3:「瓦礫は危険だ」とする瓦礫反対派が平成24年5月23日、北九州市への搬入に際し妨害を行いました。彼らの中にはなんと妊婦までいたのです。「危険なほど放射線が出ている」「子供に影響が出る」という主張からしたら、信じられない行動です。当人がその気でも、普通なら周りが止めますよね? それさえない。つまり瓦礫反対派は「瓦礫が安全だ」と思っていることの証拠です。


追記4 LNT仮説:低線量放射線の影響についてはよくわからないが、影響があると考えておいた方が安全側だという考え方に基づいたもので、科学的に解明されたものではないことから「仮説」と呼ばれています。(放射線中央研究所)http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/lnt.html

瓦礫反対派に明日はない

まずは朗報を。

昨日、北九州市で瓦礫反対派が搬入に対して違法な妨害をおこないました。

震災がれき、北九州市に到着 反対派が搬入阻止
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303622

「騒ぎが起きたのになぜ朗報?」と思った方、ここに注目。

>受け入れ反対派の人たち約40人が施設の正門や周辺道路を封鎖し

50人との報道もありますが、まあ少ないこと少ないこと。
全国に呼びかけて、集まった人数が40〜50人。
全国規模の環境問題なら、普通はひと桁上です。
この数字が意味することは歴然。

瓦礫反対派は孤立した。

先週の後半からツイッターで変化を感じていました。
旗を振っていた人たちのツイートが激減しているのです。
瓦礫反対派の主立った人は僕をブロックしています。
でもRTされれば見えるのです。
それが激減している。
てっきり「一万人」と銘打った違法妨害行動の準備に忙殺されていると思っていたんです。
蓋を開ければ、結果は驚くほどの少人数です。

これの意味する所は「左翼団体は瓦礫反対派に見切りを付けた」です。
僕が今までずっと懸念していたのは、左翼団体が瓦礫反対運動を大きくすることでした。
そこは中国と繋がっていて、日本において皇室以上のタブーだったのです。

だから僕は命がけになったのです。

でも、昨日の結果もうその心配は消えたと判断しました。
彼らは老獪で、バカな一部に騒がせて国内の反応を観察します。
運動が国民の賛同を得られると踏んだら一気に規模を拡大、逆に得られないと判断すれば撤退します。
今回は後者となりました。

左翼団体はこの問題から手を引きました。
残ったのは偏った知識を振りかざすバカと、それを盲信する無知だけです。
だから瓦礫反対派のツイートがRTされなくなったんです。
旗振り役のツイートをRTするのは、僕をブロックしている身内だけということです。

瓦礫反対派にはもう先はない。
あとは櫛の歯が抜けるようにどんどん減っていくでしょう。

だからと言って僕は黙りません。
被災地を支援する、そのために発言を続けます。
支援の火は消しません。

僕が瓦礫受け入れに賛成する理由

あまりに同じ質問がされるので、僕が瓦礫受け入れに賛成する理由を並べます。
これは今現在の主な理由でして、今後変わることもあります。
その場合はまた主張を整理しなおします。

1「被災地を支援しているよ」と、被災者への応援メッセージ。
壊れた自宅を汚物のように拒絶されたら、あなたはどう思います?
今被災地では多くの方々がこの問題で心を痛めています。そのケアは何より優先されるべきことです。
僕は支援の火を消さないために、声を大にして「がれき受け入れ賛成」としています。

2一刻も早く瓦礫を処理するため
まだ瓦礫は「仮置き場」への搬送も終わっていません。前任の菅直人首相が恐るべき無能だったからです。それに仮置き場も元は校庭や公園など。本来の機能を取り戻すためにも、一刻も早く瓦礫を処理しなければなりません。でないと復興ができないのです。
気温が上がると瓦礫内の有機物が腐敗して悪臭など健康被害が出る他、自然発火することもあります。
いつまで瓦礫を被災者の側に置いておく気ですか?

3国の政策だから
国民が選んだ政府の方針です。民主主義の基本は「全員で決めたことは全員で守る。責任は全員が負う」です。被災地に全てを押しつけるのは無責任だ。
菅直人の政治主導の元で原発事故が起こり、復興が遅れました。これは民主党に政権を取らせた日本全国民の責任です。だから当然被災地復興も全国民が当事者として引き受けねばなりません。
反対するなら政権与党の民主党に抗議して、政府方針を撤回させるなど手順を踏むべきです。自治体に外部の人間が抗議するなど、自治権の侵害です。ましてや実力阻止とか、法治国家を否定ですか?

4健康被害が出る根拠がない
瓦礫反対派は口を開けば「健康被害が出る」と言いますが「その根拠は?」と尋ねても答えられません。ただ「危険だ」「危険だ」と繰り返す。
放射線の基礎知識もなく「天然なら安全、人口は危険」と平気で主張する。原発の核燃料のウランは天然だから、瓦礫反対派は平気で触れますよね。僕は遠ざかりますけど。
放射線医療の専門家で「瓦礫で健康被害が出る」と主張する人を僕は知りません。反対派に尋ねても、誰も答えられません。
「日本の医学は政治家の言いなりだ」と言う人に「海外の放射線医療の専門家はなんと言ってます?」と尋ねると、これも答えられない。
「専門家が」「科学者が」と反対派は言いますが、日常的に放射線で治療を行っている人以上に、放射線が人体に与える影響の専門家がいますか?

北九州市への瓦礫搬入に対して瓦礫反対派は違法な妨害をおこないました。
驚くことに、妊婦が瓦礫を積んだトラックに近づきました。これは瓦礫反対派が瓦礫の安全性を証明したことを意味します。
子供が心配、と言う妊婦が近づけるほど、瓦礫に危険はないのです。

「困った時はお互い様」それが日本人の美徳でした。狭い中で大勢が暮らすには助け合うことが必要なのです。
だから僕は瓦礫を拒否した自治体に対して、個人的な制裁を行います。
当該自治体に対しては、今後いかなる災害が起きようと、僕は一切支援しません。応援しません。見捨てます。
「困った人を見捨てる」と、助け合いの輪から離れたのは、あなたたちの選択です。

作品が出来るまで

久しぶりに作品の話題です。

初稿というのは、最初に編集さんに渡す原稿のことを言います。
チェックを受けて直して再提出するのが2稿、以後3稿、4稿、これ以上だと「勘弁してください」になります。
ベテランになると初稿をそのまま校正(誤字や表記などのチェックをする)に出せるほどの方もいます。
そこまでは行かないにしても、普通はそれなりのものを初稿といえど出すわけです。
プロですから当然と言えば当然。
でも中には、それができなくてもプロになった者もいます。
はい、僕です。

僕は書きながらアイデアが浮かぶタイプなのです。
そのためあらすじで作品を説明するプロットでは十分にアイデアが出ません。
そのため大まかな方向ということでOKをもらったら、勢いに任せて書きます。書きながら考えます。
そうして出来たのは殴り書き。これを誤字脱字などをチェックして「理解してもらえるレベル」にして編集さんに送ります。
書いていると脳が沸騰して思考力なくなります。その状態だともうどうあがいてもそれ以上のレベルにはできないのです。
そんな初稿ですから、チェックする編集さんは大変です。
当然ながら膨大なチェックが必要となるわけです。
すみません。本当にすみません。
でも、僕にとってそのチェック待ちの冷却期間にまたアイデアが湧いてくるのです。
返ってきた直し入り原稿をパソコンの脇のデータホルダに立てて、2稿を頭から打ち始めます。
ファイルの訂正? 何それ美味しいの?
一から全部打ち直します。
カーソル動かしてデリートとかしている暇に、その倍は打てます。
打鍵速度はチャットで鍛えてました。それが高じて投降時代には腱鞘炎になるほどに。
冷却期間に湧いたアイデアを盛り込むと同時に、書きながらさらに考えアイデアを入れ込みます。
完成したらまた誤字脱字をチェックして送ります。
また編集さんから戻ってきたら、また一から打ち直します。

原稿を見ながら打ち直すやり方は、パソコン通信時代にプロ作家からの「練習法」として学びました。
「プロはやらないが、練習にはなる」
とされた方法を、プロになった今も墨守しているのです。
なぜ?
その方が面白くなるからです。
どうも人間の脳は「読む」とき使う部分と「書く」とき使う部分が違うようです。
つまり「読みながら書く」と両方使えて通常の三倍面白くなるという不思議な話。
さすがに3回やるともう時間がないから、細かい直しをファイル修正して、4稿で校正さんに回すパターンですか。

歴代編集さんには本当に負担をかけて申し訳ありません。
でも、編集さんしか知らない「作品がどんどん良くなる」楽しみもあるから許してください。
それだけ編集さんに負担をかけるから、僕は締め切りは厳守します。
体調を崩して一回だけ発刊がひと月延びた以外、ずっと魔材はペース維持です。
読者の皆さんが続きを待っているのですから、遅らせるわけにはいきません。
品質、ペースはキープする。でも手間がかかる。

日々成長はしておりますので、どうかご容赦を。
これからも魔法の材料ございますをよろしくお願いします。

謝罪「ドブさらい」との不適切表現

今まで僕は日本に巣くう左翼活動家をヘドロに見立て、自分の行いを「ドブさらい」と表現しておりました。
これは誠に不適切な表現でありました。
深く反省いたします。

ヘドロは生活の結果必然的にたまるものです。
左翼活動家のように「言論の自由を侵害」したりしません。
左翼活動家をヘドロと同等に扱っては、ヘドロに失礼だ!

「ドブさらい」こと側溝清掃を仕事にされている方々にご不快を与えたこと、誠に申し訳ございません。
決して差別的な意図があったわけではありません。
「誰かが手を汚さねば、みんなが困ること」の象徴として使用したものです。
あなた方のお陰で、社会の清潔が保たれていることは重々承知しております。
だからこそ、僕は側溝に飛び込んだつもりでいました。
日本のため、民主主義社会のため、ヘドロをすくうと決めたのです。
しかし表現としては不適切でありました。
心よりお詫び申し上げます。

今後は左翼活動家を「ガン細胞」と表現し、自分の行為は「放射線治療」と表現します。
外科手術のように血を流さず、ガン細胞を攻撃する。
しかし、どうしても正常細胞にも放射線を当ててしまう。
心ならずも周囲を傷つけてしまうでしょう。
それを思うと心が痛みます。

僕は政治などしたくはありません。
僕は物語を書いて、それを読者が読んでくれれば幸せな小市民です。
でもガン細胞に冒されている日本を、誰かが治療しなければならない。
そして僕はガン細胞を知る人間なのです。

だから僕は放射線でガン細胞を攻撃します。
僕自身も放射線を浴びます。
それで免罪されるとは思いませんが、可能な限りガン細胞をやっつけることで、どうかご容赦を。

瓦礫反対派【出版社へ圧力】

恐れていたことが現実となりました。
瓦礫反対派が、僕の著書を出版している会社へ圧力をかけたのです。
ソフトバンククリエイティブ様には誠に申し訳ございません。
GA文庫編集部の皆様、土下座してお詫びいたします


以降、その記録です。

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
葵東の出版を担当しているアカウント  【個人情報】【個人情報】【個人情報】【個人情報】
  #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
葵東 とツイッター上でやりとりしているのが 【個人情報】 この編集。ステマ疑惑もあるらしい #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼


5月17日 kansuke ‏@kansuke22
とりあえず、あの葵東というアカウントで脅迫されたり不愉快な思いをしたという事があるアカウントはGA文庫で検索してトップに出たユーザー名をクリックし@を飛ばしてみたらどうでしょうか? #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼 #中国


5月17日 kansuke ‏@kansuke22
TLをぐちゃぐちゃにしてつぶやき見えない。その悪影響は大きかった。葵東はどんなことを言っても調子にのって、もはや愉快犯だ。他のアカウントは、事故の影響を心配する親や一般市民だ。放射能や事故について意見の交換や情報をつぶやくユーザーに対して左翼や中国人だと罵った。 【GA文庫】

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@hinagiku_may 突然ですみません、瓦礫拡散について変な理屈をつけて人に絡んでくる葵東というGA文庫のライトノベル作家のことです。

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@GA_bunko 貴社のライトノベル作家葵東が政治的背景を元に、意味不明な主張を繰り返し、原発事故や瓦礫拡散の影響を心配する親や一般市民を狙って多くのユーザーに絡んでいます。

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@kissmeyummy @aoi_azuma ツイッターだけではなく、葵東の出版先、GA文庫に問い合わせてみたらどうでしょうか? GA文庫で検索するとアカウントが出てきます。

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@GA_bunko 政治的活動をツイッター上で許すのは何故ですか? GA文庫の作家葵東がライトノベル作品を作る同じキーボードで、原発事故、瓦礫拡散で子供の安全や健康を心配する親の人格を貶める文章を打っている。ツイッター上で不特定多数に公表するその行為を、貴社が許すのは何故ですか?

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@GA_bunko 貴社のエンターテイメントというものは、作家にそういう活動を許しても得なければいけないものなのでしょうか? 葵東のつぶやきの量、内容に異常性が見られます。震災後、原発事故後の微妙な問題について葵東のやっていることは許せるものではないと思います

5月17日 kansuke ‏@kansuke22
@GA_bunko 葵東に対するはたらきかけがなんらかの形で行われることを望みます。


これが左翼活動家の本性です。
政治意見が異なれば、出版社に圧力をかけ「はたらきかけ」を要求する。

言論弾圧以外のなにものでもない。

1日が経過した現時点5月18日、彼への注意、批判は「瓦礫反対派」からは一切ありません。

デマを流すことも、言論を弾圧することも、瓦礫反対派は認めるのです。

これが「復興を妨げる日本人の敵」です


木下黄太「瓦礫反対派がデマを流した」との指摘を黙殺

木下黄太 ‏@KinositaKouta
秋田のある市長が「子供たちが、ガレキの横を通学する。両親を奪われたがれきの横を。たすけないと」と言ってガレキ受け入れ。その市が受け入れるガレキの自治体に確認電話「ガレキは通学路にはない。うちの町の小学生で両親が津波でなくなった子供はいない」うその情緒話でガレキ拡散目論む輩に注意。

という「瓦礫反対派」に昨日のブログで暴露した事実を教えました。

@KinositaKouta 「瓦礫反対派」が「デマを流した」と白状しましたよ。嘘の情報で「瓦礫反対」する人を他の人たちは黙認するのですか? http://aoiazuma.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-2633.html #脱原発 #放射能 #原発 #左翼 #中国 #瓦礫

ひと晩経ちましたが、返答すらありません。
彼宛てのツイートでもこれに触れた人は現時点ではおりません。

例によって「都合が悪い事実」はなかったことにした模様です。
それと、僕の場合は「瓦礫反対派」とのやりとりはTLに記録されています。
ブログにそれを転載してあります。
ところが彼のツイートには「証拠」がどこにもありません。
「瓦礫反対派」のデマを無視する人の言う

>うその情緒話でガレキ拡散目論む輩

これ、信じられます?

瓦礫反対派「デマを流した」と白状!

何かと問題がある瓦礫反対派ですが、とうとうデマを使ったと白状しました。
以下そのやりとりです。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma 瓦礫に関する本などない。 世界初の暴挙だから。 瓦礫を焼却しても大丈夫だろう。 健康被害はないだろうと、国は言っている。小出助教は焼却すべきではない、と断言されてます。原子力に40年携わってる方がです。 賛成してたらいいのでは? ログ残すんでしょ?

>小出助教は焼却すべきではない、と断言されてます。

と名指しされた小出助教の発言を求めたところ、ごねた末に

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/7a1ea178a1d4fe2871f727fa3556acfb#comment-list はい、どうぞ。

見ると彼はこう発言しております。

>本来であれば…それぞれの場所に焼却施設を作って、そこで焼くということを、政府にやらせなければいけないのです。

焼却しろと、正反対のことを言っています。

デマだと指摘すると、この言い訳。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma あなたね、焼却灰を埋めてはならない、と書いてある。焼却灰は焼却しないと出来ません。 意味がわかります?


Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma ちゃんと読みましたか?

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma 日本語わかりますかー?

などと意味不明の供述を繰り返すので、全部返してやりました。

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
@merchant45「 @aoi_azuma あなたね、焼却灰を埋めてはならない、と書いてある。焼却灰は焼却しないと出来ません。 意味がわかります?」小出氏「焼却施設を作って、そこで焼く」必死な弁解が続きますwww #脱原発 #放射能 #原発 #左翼 #中国 #瓦礫

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
@merchant45 「@aoi_azuma ちゃんと読みましたか?」あなたこそ全文読んでから公表すればいいのに。見事な墓穴。笑わせていただきました。 #脱原発 #放射能 #原発 #左翼 #中国 #瓦礫

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
@merchant45 「@aoi_azuma 日本語わかりますかー?」あなたの発言は小出氏の発言によって否定された。あなたの流した「小出氏が瓦礫焼却に反対した」がデマ。 #脱原発 #放射能 #原発 #左翼 #中国 #瓦礫

と追及してようやく、これです。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma はいはい。 私がデマを流したね。 だから何?

反省も謝罪もない、開き直りですよ。
そこでこう書きました。

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
「瓦礫反対派」がなぜデマを流すのか? それは事実が彼らにとって「都合が悪い」からです。だから嘘をつく。「瓦礫反対派」には嘘つきがいる。
RT @merchant45 @aoi_azuma はいはい。 私がデマを流したね。 だから何? #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼 #中国

それに対して、この言い訳。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma: 「瓦礫反対派」がなぜデマを流すのか? それは事実が彼らにとって「都合が悪い」からです。だから嘘をつく。「瓦礫反対派」には嘘つきがいる。
私ですか? 文字に語弊、説明不足だったのは私が悪いです。 すいませんでした。

語弊、説明不足だと?

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
言ってもいない発言を捏造して、この言い訳。「政府は嘘つきだ」という人の中には、こういう人がいます。
RT @merchant45 @aoi_azuma: 文字に語弊、説明不足だったのは私が悪いです。 すいませんでした。 #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼 #中国

さらに言い訳。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma: 言ってもいない発言を捏造して、この言い訳。「政府は嘘つきだ」という人の中には、こういう人がいます。 文字の語弊、説明不足があなたの解釈で嘘つきになるなら、私は嘘つきでしょうね。
訂正した、Tweetしましたよ。

葵東【瓦礫受け入れ賛成都民】 ‏@aoi_azuma
どう訂正したんですか?
RT @merchant45 @aoi_azuma: 言ってもいない発言を捏造して、この言い訳。「政府は嘘つきだ」という人の中には、こういう人がいます。 訂正した、Tweetしましたよ。 #瓦礫 #放射能 #脱原発 #左翼 #中国

途端に。

Dream Merchant ‏@merchant45
@aoi_azuma 賛成派のあなたは頑張って下さい。 反対派の私も頑張ります。 あなたには、根拠がない。 逃げたなり何なりTweetしなさい。 ブロックはしませんから。 それでは。

> ブロックはしませんから。

と言いながら、ブロックしてるんですよ、こいつは。
徹頭徹尾嘘ばかり。

ツイートでタグ「#脱原発 #放射能 #原発 #左翼 #中国 #瓦礫」を付けたから、瓦礫反対派はこれを見ているんですよ。
ところが、誰も彼に注意とかしない。
全員がスルーなんです。
「都合の悪い事実」をなかったことにしたんです。
ツイッター上で瓦礫反対をしている連中は、裏で全部繋がっています。
恐らく動員できる全員でこれだけでしょう。
少ない。あまりにも少ない。
国会で「広域処理」が問題にさえならないのは当然です。

「国民は瓦礫受け入れに賛成している」からです。

それを口汚くののしるのが左翼たちです。

まるこ ‏@maruco2271
被災者を被害者と呼べ、瓦礫は被災材と言えとか、デモの歌の内容がひどいとか、どうでもいい。傷つく人がいるとか、そんな言葉遣いでいちいち傷ついてたら生きてけないすよ。思考がどんどん本筋からずれる。本当の差別って優しい顔して受け入れられながら進んで行く。絆とか、みんなで決めようとかね。

「被災者なんてどうでもいい」が連中の本音です。
民主主義さえ否定する瓦礫反対派は、完全に独裁者の手先です。
腐ってる。
心の底まで腐ってやがる。
いいでしょう。
とことんドブさらいして、日本から出たヘドロを中国に送りつけてやる!

左翼はなぜ間違いを犯すのか?

最初に断っておきますが、僕は右翼ではありません。

左翼になる人間の特徴として、人付き合いが下手なこと、多くの本を読むことがあげられます。
もちろんそうじゃない人も大勢いますが、基本的にこういった人が左翼思想にはまるのです。
彼らは本を読むから知識があります。だから自分を「他の人間より上」と思いこむ傾向になりがちです。
自覚がなくてもそういう振る舞いになり、結局周りからしたら「偉そうな」嫌な奴となるのです。
当然周囲と軋轢が生じます。
しかし当人は原因を自分に求めず、周囲に求めます。
たくさんの知識を持っている自分の方が正しいからです。自分は「正義」なのです。
ではなぜ社会は「正義」を認めないか?
そして出す結論が「社会が間違っている」です。
間違っている社会など彼は認めず、結果どんどん社会との溝が深まっていきます。
そうして社会への不満を募らせているうちに、彼は「正解」を見つけます。

平等で貧富のない社会が実現すれば全ての人が幸せになれる。

これこそ「正解」と飛びつきます。
そして「正解」を実現するために行動を始めます。
しかし周囲は「正解」を受け入れようとしません。
そのうち彼は「あいつらは敵だ」と思うようになります。
彼にとって唯一絶対なのが「正解」の指導者です。
だからその言うことに従います。盲目的に従います。疑問は持ちません。とにかく従います。過去と矛盾があろうと従います。
なぜなら「正解」を世界中に広めることが「正義」だからです。
こうして「話し合いが通じない」左翼活動家へとなっていくのです。

なぜわかるか?
僕は社会党支持者の家庭に生まれ、左翼の価値観を自然に身につけました。
我が家は貧乏で、友達みたいに沢山のオモチャは買ってもらえませんでした。
でも図書館へ行けば本がいっぱいあります。僕は本を読んで育ちました。
そして左翼になる人たちと同じように「社会」とぶつかったのです。。
でも僕は「社会が間違っている」とは思いませんでした。
なぜなら父がこう教えてくれたからです。

百人いれば百の「正義」がある。

僕は周囲の人たちにも、彼らなりの「正義」があると知っていました。
だから「正義が通じないなら、通じるように説明する」ことに努力するようになったのです。
そして自分が間違っていれば、相手の「正義」を受け入れてきたのです。
僕は自分の「正義」にしがみつかなかった。
本で読んだ「正解」に飛びつかなかった。
それが日本の左翼たちとの決定的な違いなんです。

左翼は「正義は自分たちにある」という妄想に取り付かれているのです。
思想信条の自由を決めた「憲法を守れ」と言いながら、自分たちの思想「正義」以外認めない、それが左翼です。
世界中には様々な人がいて、様々な価値観があります。
それをひとつの「正解」で収められるなど、傲慢であり無知なのです。
なぜそうなるか?
本ばかり読みふけるから、人間を見なくなるのです。
だから「貧富がなくて平等な社会」を構成できる人間など、実際には存在しない事実に気づかない。
左翼団体の組織を見れば歴然とした階級社会です。
自分たちの「主張」と「実態」が矛盾していても、それに気づかないほど「正義」に凝り固まってしまっているのです。

これって何かに似てませんか?
そう、カルト宗教にそっくりです。
マルクスを教祖に、資本論を聖書に、貧富のない平等社会を天国に置き換えれば、宗教そのもの。
今の日本だと毛沢東が教祖でしょうか?

共産主義の提唱者カール=マルクスは言いました。
「宗教は麻薬だ」
実に的を射てます。
しかし自分が夢見た「ユートピア」もまた宗教であったことは自覚できなかった。

自分たちの「正義」しか認めない人は、それ以外の「正義」を持つ人々にとっては「悪」です。
だから社会から廃絶されるのです。
だから左翼は「市民」と称して潜伏するのです。
日本の左翼はオウム信者と同じ、狂信者です。

彼らのせいで、本来「革新」の意味での「左翼」は死語となりました。
僕は最後の左翼の愛国者でしょう。

自分たちの「正義」しか認めない「市民」と称する左翼は、紛れもなく「悪」です。

許すまじ【放射能パニック】便乗商法

僕は技術畑の人間で、放射性物質が特別ではないことくらいは知っています。
ところが日本人は「放射能アレルギー」で、放射性物質が毒物か何かのように思っています。

人体には放射性カリウムや放射性炭素などがありまして、人間は日常的に内部被曝しています。
原発事故による放射性物質で「健康被害が出る」と発言した、放射線医療の専門家を知りません。
「デマに惑わさないで」というくらい。
はっきり言って、ストレスの方が遙かに体に毒です。

日本人が放射線計測器を持つようになれば「放射性物質がありふれたものだ」と分かるだろう。
と、ここぞとばかり線量計を売る人たちには特段注意していませんでした。

昨日こういうツイートがありました。

貂R ‏ ‪@Adash10R‬
Hp見ました。左翼とか右翼なんていう血液型占いwより少ない割り振りでしか物事考えられない方とは関わりたくありません。活動頑張ってくださいね。 RT @aoi_azuma  @maruco2271 

ああ、また左翼か。と思いました。
以前にからんだかな、と捜しました。


貂R ‏ ‪@Adash10R‬
過去の核実験で放射線浴びたがら また浴びてもイイって理由はない。逆にこれ以上浴びないようにしなければならない。  QT@maruco2271 RT @aoi_azuma


核実験の「放射線」を認めている。「放射能」と言わない点に注目しました。
どんな人かな? とプロフィールを見ました。

Profile

貂R
@Adash10R
バイク乗り アンテナ奪取er。仕事は放射能測定器売ってたりする会社で修理係。
住処は群馬、会社は秋葉原の近く(^^;) · http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=adash10r


>仕事は放射能測定器売ってたりする会社で修理係。

測定器を販売している会社の社員!
しかも修理ということは技術職です。
とうぜん、放射線について知識があるわけです。

「瓦礫に付着している程度の放射線では人体に影響ない」と知っている人間がパニックを煽っている!

同じ技術職として非情に腹立ちました。
技術者は事実に誠実でなければならない。

消費者の無知につけ込む悪質商法を、同じ技術者がしているだなんて、恥ずかしくて情けない。

こいつの会社が扱っている測定器は絶対中国製だ。
しかも修理と称してふっかけているかもしれません。
なぜなら、彼は嘘つきだからです。

だから僕にむかついたんだ。
事実を広められると困るから。

この人のツイートも確か正しい一面もありますよ。
放射能の恐怖を煽っているのは、左翼や中国人だけではない。
悪質な業者もいる!

その事実が判明したのでご報告します。

被災地を助けてください

このブログを読むすべての方へ。

被災地を助けてください。
どうかお願いします。
救いの手を差し伸べてください。

今、ひとつの政治運動が広まっています。
「瓦礫反対」運動です。
理由は「放射能汚染」です。

しかし僕のブログにあるように、中国から半世紀前から日本全国に放射性物質が降り注いできたのです。
報道にあるように、原発事故による放射性物質降下量は、中国が核実験をしたときより少ないのです。
核実験当時に生まれ育った大人たちの誰に、放射線障害が起きました?
僕は化学物質過敏症を除けば健康です。
低線量被曝の健康への影響は広島長崎で分かっています。
僕が信じられないなら、放射線の専門教育を受け、日々放射線を使って治療をしている、放射線医療の専門家の言葉を聞けばわかります。
人体への放射線による影響のプロフェッショナルですよ?
なぜ、素人の意見など鵜呑みにするのですか?

瓦礫に反対する人の素性については、今は置いておきます。

子供が心配という方へ。
原発事故以上の放射性物質によって被曝した四十代五十代が、白血病や癌が大量発生した、という事実はありません。

そして何より、忌み嫌われる「瓦礫」はそもそも、被害にあった方々の財産や、生活を支えてきた社会基盤、故郷の自然なのです。
人々の思い出が残されているものなのです。

それを汚物のごとく拒絶されたら、どれほど傷つくか、自分の身に置き換えて考えてください。

「瓦礫反対」とは「自分は被災地を見捨てる」との意思表示にほかなりません。

僕は左翼の父から「自分がやられて嫌なことは、他人にしてはいけない」と、幼稚園のときにしつけられました。
瓦礫受け入れに反対する人たちは、親から何をしつけられたのです?

もしあなたが、被災地を助けたいと思ったら、まず「瓦礫受け入れ賛成」と声を上げてください。
それは「自分は被災地を見捨てない」との意思表示なのです。

被災地を助けるため「賛成」の声をあげてください。
その声が「反対」を上回れば、被災者にとりどれだけ励みになるか、自分の身に置き換えて考えてください。

どうか声をあげてください。
被災地を救うための声を。

中国の核実験による「放射能汚染」は原発事故以上

1都7県で過去最高の放射線量…核実験時除く

 文部科学省は15日、都道府県で実施している放射線量の測定で、同日夕までに1都7県で、近隣国で核実験があった時などを除き、過去最高値を観測したと発表した。
 測定は主に県庁所在地など原発関連施設の影響を受けにくい場所で、各都道府県1か所で実施している。15日午前9時から午後5時の間で最も高かったのは栃木県で観測した毎時1・318マイクロ・シーベルト。埼玉県は同1・222マイクロ・シーベルト、東京都は同0・809マイクロ・シーベルト。
 最も高い栃木県でも中国が核実験を行った際などより低く、胃のX線検診600マイクロ・シーベルトの約450分の1で健康への影響はないが、平常時(0・03~0・06マイクロ・シーベルト)の30倍の値だった。宮城、福島、茨城は、観測データが届いていない。
(2011年3月16日02時20分  読売新聞)

201103168623471l


元記事

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:C-Y5_p5lmEMJ:www.yomiuri.co.jp/science/news/20110315-OYT1T00552.htm+%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%92%E9%99%A4%E3%81%8F%E3%81%A8&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


あなたは左翼に騙されている

左翼とは「独裁国家中国の利益のために日本国内で活動をしている人たち」との意味です。

「レッテル貼りか」と思う前に「左翼に騙された」過去がある僕の言うことに、少し耳を傾けてください。

左翼は「市民」と称して様々な活動をしています。
人権とか環境とか反戦とか社会問題に取り組む団体に潜りこんでいる、あるいは乗っ取っていることがよくあります。
彼らはとても親切です。
彼らは「素晴らしい言葉」を発します。
とてもよい人に思えます。

しかし「独裁国家」中国のことになると、途端に正体を現します。

天安門事件を調べてください。
1989年6月4日、民主化を求めた学生たちを、中国共産党は戦車で引き潰し、撃ち殺しました。
映像は全世界に流れ、世界中が中国を非難しました。
中国はこの「不都合な事実」をなかったふりをしています。

当時テレビで映像を見た僕は震えました。
「こんな弾圧国家が地上にあってはならない!」
天安門ではいくつもの悲劇がありまして、これを六四天安門事件とも呼びます。

正しい知識を得たうえで、天安門事件について尋ねてみましょう。

中国を弁護したら、その人は左翼です。

だって二十以上前の外国での事件です。
それについて詳しい知識があるのは「弾圧された側」の支持者か「弾圧した側」の支持者のどちらかです。
中国を弁護するのはどちらか、は言わずともわかりますよね?

今、左翼は「脱原発」「瓦礫拒否」で盛んに活動しています。
彼らに「中国から核実験による放射性物質が日本に毎年飛来している」と教えました。
ほとんどが無視。
「都合が悪い事実」をなかったことにしたわけです。
中には食って掛かる人も。

政府もマスコミもこれを取り上げません。
民主主義国家であるアメリカの批判をする人が、独裁国家中国になると批判どころか擁護するのです。
これが今の日本の現実なのです。

言論の自由がない国で、中国の民衆は今も苦しめられているのです。
独裁者に協力してはなりません。
だからあなたの側にいる「素晴らしい言葉」を言う人に「天安門事件」について尋ねてみてください。

そうすればその人が「善人」か「左翼」かわかります。

中国から放射性物質が来ると韓国政府が公表

一年前のニュースですが、韓国はちゃんと国が「中国から放射性物質が来ている」と発表しました。

中国から飛来した黄砂から放射線物質セシウム検出、韓国が警戒感
Y! 【社会ニュース】 2011/03/21(月) 14:45

  韓国国会教育科学技術委員長のビョン・ジェイル民主党議員は20日、中国から飛来した黄砂から、核分裂によって生成される放射性物質セシウム(Cs-137)を検出したことを明らかにした。複数の韓国メディアが伝えた。

  ビョン議員は、同国の原子力安全技術院の資料をもとに過去10年間(1998年―2010年)のデータを分析したところ、毎年黄砂が集中的に発生する2月から4月にかけて、地表のほこりや大気中の浮遊物から放射性セシウムを検出した。

  地表から検出されたセシウム濃度は、2002年3月の1平方メートルあたり252ミリベクレルがもっとも高く、6月―10月は検出されなかったという。大気中からは、2002年3月の9.87マイクロベクレルが最も高く、5月―11月はほとんど検出されなかった。

  ビョン議員は「わが国で検出された核活動による生成物は、砂埃にくっついて運ばれたものと推測される」とし、「日本の事態を教訓に潜在的な危険に備えなければならない」と主張した。

  メディアも「検出されたセシウムはただちに健康に影響が出るレベルではない」としつつも注意は必要だとし、「原発事故で放射能の恐怖に陥った日本の事例を教訓にし、ほかの国で同様の事態が発生した場合を想定して、態勢を整える必要がある」と指摘した。(編集担当:新川悠)


日本政府はどうしました?
普段なら政府を批判する大手マスコミはどうしたのですか?

左翼の反論で中国の立場が悪化

僕がツイッターやブログで指摘した「中国の核実験による放射性物質が日本に飛来している」について反論がありました。
内容はこちらです。
「瓦礫反対」は中国の命令

引用元では中国にある放射性物質を「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」としています。
しかし僕はこれを「言論の自由がない中国に配慮した」と説明したところ、こんな反論がありました。
発言者はアチャーさんです。

引用                   ★

完全な誤りです。
広島・長崎原爆の資料からも分かりますが、核爆発による飛散物質は簡単に成層圏上限まで到達します。
過去の核実験からも世界中に放射性物質が拡散することが確認されています。
例:マーシャル諸島の核実験による飛散
http://blog-imgs-31.fc2.com/g/e/d/gedano/Scan10010c.jpg
これはご存知でしょうか。世界の核実験が時系列で視覚化されています。
中国が核実験で使用した放射性物質の総量が、米ソに比べて以下に少ないか分かると思います。(国旗の横が各国の累積回数)
www.youtube.com/watch?v=dXxPRHkyAvY
「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」というのは特定国への配慮ではなく、単に科学的事実を示したものです。
核実験の各国の総量を考えれば主要な発生源は中国の核実験などとは言えないことは簡単に分かると思います。
私の指摘がデマだとおっしゃるなら反証となる調査結果等を示してください。

引用終わり                   ★

核爆発による放射性物質が「全て」成層圏へ行くような書き方ですね。
原爆は一点に集中された核物質が瞬時に核分裂をすることで爆発を引き起こします。
強力な熱と放射線と爆風とで周囲を破壊、放射性物質をまき散らします。
それらは球面状に広がるのです。
成層圏に達するのは、上に向かった放射性物質だけです。大半は爆心地周辺に叩きつけられます。
さらに低空域に留まった放射性物質は雨となって爆心地周辺に降り注ぎます。これが「黒い雨」です。
放射性物質を大量に含み、爆心地周辺部を「放射能汚染」した、そう左翼は主張してきました。
広島長崎だけでなく、フランスやソ連でも降雨があったそうです。
ですからグローバルフォールアウトで世界中に降った放射性物質は、核実験によるものの一部。
大部分は爆心地周辺に残っているのです。

広島や長崎で被曝後に現地に入った人々が次々と急性放射性障害になりました。
なぜか?
大量の放射線を浴びたからです。
なぜか?
大量の放射性物質があったからです。

広島長崎が強く「放射能汚染」されたと、過去左翼たちは口々に言ってきました。
では中国国内の核実験場も同じ事ではないですか。
だのにまったく正反対のことを口にする。
これこそ左翼の持病「ダブルスタンダード」二重基準です。

さらに彼はその「一部の」放射性物質について、資料を元に「世界中に放射性物質が拡散する」と言ってます。

Scan10010c

図を見れば一目瞭然「爆心地」周辺に一番多く放射性物質が降っています。
彼はマーシャル諸島の場所を知らないのでしょうか?
この資料は僕の主張「中国国内の放射性物質はほとんどが中国由来だ」を裏付ける内容です。
爆心地が中国なら、中国に一番多く放射性物質が降ったことの傍証ですから。
意見が反対する人が出した資料ほど、僕の主張の正当性を高めるものはありませんね。

>「この137Csは特定の核実験場や施設からの放出物ではなく」というのは特定国への配慮ではなく、単に科学的事実を示したものです。
中国には言論の自由がありません。
なぜか?
それは中国共産党政府にとり「不都合な真実」が国民や世界の人々に知られると困るからです。
言論の自由を認めないことは「自分たちが悪事を行っている」ことの証拠です。
二十世紀に崩壊した左翼国家がそれを立証しました。
中国国内で共産党政府に不都合な調査や研究などできません。
中国に不都合な事実を公表してしまうと、中国での調査や研究がもうできなくなることもあります。
文化大革命当時、中国共産党政府は「都合の悪い事実」を報道した日本のマスコミ各社を国外に追放しました。
残ったのは朝日新聞だけです。
なぜ朝日新聞だけ追放されなかった?
共産党政府の都合のいい報道しかしなかったからです。
そのときの報道と、後の情報とで「どちらが正しかったか」自分で確認するとよいでしょう。
もっとも朝日新聞の場合、記録保存用の縮小版が「当時の報道」そのままだという保証はありません。
左翼は「不都合な事実」など「なかったこと」にしてしまうのですから。
今後も中国で調査や研究がしたい人たちは「中国への配慮」を強いられているのです。
現に東京都の石原知事は「南京大虐殺の調査を日中共同でやろう」と求めました。
もちろん中国は無視です。
これはもう「都合の悪い事実」が日本に伝わることを嫌がったと判断する以外ありませんね。
中国では共産党政府に都合がい研究調査しかできないのです。

言論の自由は民主主義の大前提です。
だから守らねばなりません。
だから「言論の自由がない国」の発言など信じてはならないのです。
「言論の自由がない国」を信じることは「言論の自由」を否定することになります。
言論統制しても他国の人々が信じてくれるなら、どこの国だって「都合の悪い事実」を隠そうとします。
だから「言論の自由のない国」は否定しなければならないのです。
「地球市民」全員の言論の自由を守るために。
左翼国家の主張に耳を貸すことは、独裁者を支援することに他なりません。
もしその自覚がなかったなら、今後改めればよろしい。
しかし自覚あってそれをやるなら、改めないので彼は間違いなく左翼です。
日本国民並びに中国国民の敵ですね。

左翼とは

僕が使う「左翼」とは何か、まとめました。

語源はフランス革命で権力を握った人たちの、国民議会での席割りによります。
右側に穏健派、左側に急進派がいたことから右翼左翼となりました。
その後は保守的な人が右翼、革新的な人が左翼、とざっくり分けます。
政治学からしたら暴論ですが、その後の経緯はさほど重要ではないため分かりやすくしました。

転機は「共産主義」という思想が生まれたことです。
マルクスの「資本論」に左翼は飛びつき、階級差のない平等社会こそ「ユートピア」だと熱烈に支持しました。
マルクスの経済論は画期的で、左翼はマルクスの想定したとおりに未来は変わると信じました。

「高度に発達した資本主義が共産主義に移行する」

左翼は待ちました。世界に資本主義が広まればいずれユートピアが実現すると。
しかしいくら待っても資本主義社会は共産主義になりません。
ここで「自分の頭で考えられる人」ならこう判断したでしょう。

「マルクスの予想は外れた」

しかし左翼たちは違いました。彼らはこう決めたのです。

「俺たちの力でユートピアを実現させよう」

そして世界初の社会主義国家が生まれました。
ソビエト連邦(ソ連)です。
世界中の左翼たちは狂喜しました。
「ついにユートピアの誕生だ!」

しかしソ連設立前のロシア帝国は封建主義で、資本主義さえ始まっていませんでした。
「マルクスの予想」はどこへ行ったのでしょう?
そもそも革命を起こしたレーニンは、国民の支持を受けて権力者になったのではなく、武力で国家転覆をしたに過ぎないのです。
古代からよくあるただの「王朝交代」に過ぎません。
現にソ連を支配した共産党は特権階級となり、国民たちを支配しました。
「平等社会」はどこへ行ったのでしょう?

これが左翼たちの共通項である「ダブルスタンダード」二重基準という奴です。
「左翼国家」がやることは正しい。でも同じ事を「他の国家」がやると間違ってる。
傲慢そのものの思考です。

第二次大戦後、ソ連は支配地域の東ヨーロッパに傀儡国家を次々と建てました。
もちろんその国の人々の意見など無視。戦車の大砲を向けての建国です。
左翼たちはこれも支持しました。
これが許されるなら、大日本帝国による満州国建国だっていいはずです。
これもダブルスタンダードという左翼たちの卑怯な思想です。

第二次大戦後、アメリカに続いてソ連でも核兵器が開発されると、資本主義国(西側)と左翼国家(東側)が敵対するようになります。
冷戦時代です。
東西会わせて数千の核兵器が配備された狂気の時代でした。
日本は西側でしたが、国内には多数の左翼がいて東側のために盛んに活動していました。


代表例としてベトナム反戦運動をとりあげます。

「アメリカがベトナムを侵略した」
と当時の左翼たちは広めていました。
少し実態は違いますね。
そもそもベトナムはフランスの植民地でした。
第二次大戦でドイツに降伏したフランスは枢軸国となり、同盟関係にあった日本がそこに駐留することになりました。
そこに「無関係な」中立国であるはずのアメリカが難癖つけたのが、太平洋戦争の原因とも言われますが、それは別の話題。
1945年、日本の援助でベトナム帝国が建国されました。
しかし日本が敗戦するや、左翼のホーチミンが国の一部を占領して「独立宣言」します。
そこにフランスが「再占領」に来たりしましたが、結局「ベトナム国」の独立を認めます。
これに対抗してソ連と中国がホーチミンの支配地域を「ベトナム民主共和国」と承認します。これが所謂北ベトナムです。
フランスは北ベトナムとの戦いに敗れ、北緯17度を国境に国が二分されます。以後のベトナム国が南ベトナムです。
1960年、北ベトナムが南ベトナムに侵略を開始。
ベトナム戦争の始まりです。
北ベトナムを中ソが支援し、南ベトナムにアメリカが軍を派遣して応援します。
というわけで、北ベトナムとアメリカとが戦うに至ったわけです。

「アメリカがベトナムを侵略した」は嘘で、「北ベトナムが南ベトナムを侵略したので、アメリカが助けに行った」が真実です。

このとき西側諸国で一つの運動が起こりました。
それが「ベトナム反戦運動」です。
アメリカではジョンレノンなどが運動して政府を批判しました。
日本でも「ベ平連」なる団体がアメリカを激しく非難しました。

しかし「侵略を始めたのは北ベトナム」なのです。
なぜアメリカを責めたか?
彼らは左翼だからです。
「左翼国家」がやることは正しい。でも同じ事を「他の国」がやると間違っている。
左翼特有のダブルスタンダードです。

アメリカ軍は政治家の思惑によって不利な戦いを強いられ、また北ベトナム軍は強力だったため、犠牲は増え続けます。
ついにアメリカはベトナムから撤退。そして北ベトナムにより南ベトナムは滅ぼされました。
これを左翼は「ベトナムが解放された」と大喜びです。
戦争が終わり、ベトナムに平和が訪れました。
しかしベトナム人の本当の悲劇はここから始まります。

100万人を越える人々が難民として国外に逃げ出したのです。
戦争を我慢できた人たちが、平和を我慢できなかったのです。
当時のベトナムの人口は4000万人ほどですから、異常な比率です。
理由は簡単です。他の左翼国家同様、北ベトナムも独裁国家だったからです。

一部は船に乗って脱出したので「ボートピープル」と呼ばれました。
「ユートピア」を捨てた人々を、左翼は突き放しました。
ジョンレノンもベ平連も難民を助けようとはしませんでした。

そのうえさらに、1979年に中国がベトナムに戦争を仕掛けます。中越戦争です。
アメリカに対しては「侵略者」の汚名を着せて反対したジョンレノンやベ平連はどうしたのでしょう?
「左翼国家」がすることは正しい。
でも侵略されたベトナムだって「左翼国家」です。

この状況を左翼がどう受け止めたか、僕はずっと知りたかった。
先日「ベトナム反戦運動をした」とのツイートがありました。
東海さんという方です。

@tokaiama オレが反原発運動に参加したのは40年前のこと。ベトナム反戦運動の延長に次の課題は原発だと思った。

それでこう質問したのです。

ベトナム戦争が終わったあと、大量の難民が国外脱出しましたが、助けましたか? その後中国がベトナムに侵略したとき、反戦活動しましたか? #原発 #放射能

それに対するツイートがこれです。

.@tokaiama 何を偉そうにぬかしてる! 君はどうなんだ、自分から明らかにしろ、馬鹿野郎! 

ブロックして以後彼のツイートは僕には見られなくなりました。

これが左翼です。

自分は正しい。なぜなら左翼だからだ。
批判する奴は間違っている。なぜなら左翼ではないからだ。

オウム信者並みの頭です。


しかし左翼たちの応援虚しく、今世紀を待たずしてソ連は崩壊、東ヨーロッパも民主化されました。
そして次々と暴かれたのは、左翼国家による恐怖政治です。
20世紀の前半が「戦争の時代」なら、後半は「左翼国家による大虐殺時代」です。
左翼は権力を握ると真っ先に知識層を虐殺しました。
なぜ?
自分たちの思想が間違っていると、指摘されるのを恐れたからです。
左翼国家では政府に都合のよい情報しか流しません。
戦時中の日本と同じです。
でも最初から嘘だから、矛盾などボロボロあります。
「自分の頭で考えられる人」はその矛盾に気がつくのです。
彼らは当たり前の質問をします。
例えば「マルクスは高度に発達した資本主義社会が共産主義になると言いましたね」と。
そんな指摘をされたら、暴力によって権力を簒奪した自分たちの正当性が否定されます。
だから殺すのです。

事実、今の左翼も僕にツイートが見られないよう情報を閉ざしました。
当たり前の指摘に答えられないのは、偉い人の教えをオウム返しにするだけの人間だからです。
そもそも自分の頭で考えられれば、マルクスなんかにかぶれません。
自分では「正解」を見いだせない。その「正解」を教えてくれたマルクス偉い!
左翼は安易に「正解」に飛びついた愚か者なのです。

左翼国家は富裕層を殺して財産を奪います。
でもそれって無法そのものです。
だから反対者が出ないように思想統制をします。
情報を統制し、言論の自由を奪います。
史上最悪の独裁国家群の誕生です。

左翼国家では国を「計画的に」動かそうとしました。
しかしうまく動きません。
やることなすこと失敗続き。
代表的な失敗は中国の「大躍進運動」です。毛沢東の指導で農業をやった結果、凶作で約3000万人が餓死しました。
当然国民の不満は募ります。
そこで「犯人捜し」のため文化大革命をして、凡そ2000万人が殺戮された模様です。
正しい数字は分かりません。
政府に都合が悪い記録は許さないのが左翼国家だからです。
粛正と称した殺戮行為は普通で、カンボジアでも200万人が虐殺されました。
隣国のベトナムはとばっちりを食ったため、軍隊でカンボジアを制圧します。
当時カンボジアを支援していた中国はこれに怒り、侵略をしたのが中越戦争なのです。

さすがに西側の左翼もこの事実に反論できず、以後左翼国家への応援は下火になりました。
でも彼らが反省も改心もしていません。
自分たちが応援していた左翼国家が、恐るべき弾圧国家だったことは歴史に刻まれた。
ならそれを反省して、二度と過ちを繰り返さないために行動するはずです。

どうすればいいのか?

残された左翼国家から、一国も早く民衆を救うことです。

それ以外、自分たちの犯した罪を償う方法などないからです。

ジョンレノンが生きていたとしたら、彼は中国民主化運動をしたでしょうか?
彼がソ連崩壊を待たずして死んだことは実に残念です。

今の世界、左翼国家を「正しい」とする左翼などほとんどいません。
現在の左翼とはアメリカ民主党やイギリス労働党などの革新派です。彼らは左翼を嫌い「リベラル」と称しております。
右翼はアメリカ共和党やイギリス保守党などの保守派です。
僕は革新派なので明らかに左翼に分類されます。世界標準では。

日本では様相が違います。
日本の左翼は今もなお「左翼国家は正しい」と主張している人たちです。
先日「中国の核実験による放射性物質が日本に降り注いでいる」と大勢の教えましたが、ひとりを除いて無視か罵倒です。
その人たちは「瓦礫反対」を主張している人たちです。
彼らこそ左翼なのです。
復興を妨げて日本の国民を互いに憎しみ合わせるための、中国の謀略の手先なのです。

世界中の人々の敵なのです!

彼らは左翼とは称しません。最早左翼は世界の汚点だからです。
市民と称しております。
過去毎日新聞で「米軍艦艇入港に反対する市民」と掲載された写真には、7〜8人のヘルメット姿の人が写っておりました。僕は工事現場以外でヘルメットを被る人など、左翼団体以外で見たことはありません。
同じ軍艦を映したテレビでは見学会に地元の人々が押し寄せている様がありました。子供連れが多くて、左翼団体が動員する「小汚いオッサン」の姿はどこにもありません。

マスコミは左翼を「市民」と報道します。
マスコミは左翼のテロリストを「過激派」と報道します。
世論を敵に回せない政府はマスコミに牛耳られています。

左翼をいまだに擁護する人たちが、この国の、特に「言論の自由を守る」人々の中に食い込んでいるのです。
だから「中国の悪行」はほとんど報じられないのです。
世界中が騒いでようやく小さく扱う程度。
言論の自由を守るべき報道機関が、独裁国家の言論弾圧の片棒を担いでいるのがこの国なのです。
中国が民主化されたとき「独裁者に協力した」と日本が非難されることは火を見るより明らかです。

そのときまで日本という国が残っていれば、ですが。

長くなりましたが、左翼とは何か知るきっかけになれば幸いです。

「瓦礫反対」は中国の命令

放射能とは、放射線を出す能力のことです。
だから「放射能」によって「汚染」されるなんて言葉はなりたちません。
放射能を持つ物質が放射性物質。
そこから出る放射線を大量に浴びると健康を損ねます。
放射性物質はありふれていて、太陽からも出てますし、地面からはラドンという放射性物質の気体が湧きでております。火山岩も放射能が強いことが多いですね。
人間はそうした環境の中におり、日々被曝しております。
体内にも放射性物質があります。カリウムや炭素の放射性同位体(放射能をもつ原子)があり、生物はみな内部被曝をしているのです。

「自然の放射線は安全だけど、人工は危険だ」
と思われる方へ。
原子力発電所では天然資源のウランの核分裂により発生する熱で発電しています。
燃料であるウランは自然物です。
果たしてこれを「安全だ」と言えますか?

去年の3月11日に東日本大震災が発生しました。
大地震と巨大津波が東北地方を襲いました。
家々は破壊され、道路は崩れ、あまりに大勢の命が失われたのです。
生き残れた方々も生活の場や職を失われた方が多く、東北全体が非常事態となりました。
しかし政府の対策は不手際続きで、福島第一発電所で爆発事故が起こりました。
原子炉を囲う建て屋が水素の爆発で吹き飛びました。
放射性物質は日本全国に飛び散り、各地で観測されました。

「第二のチェルノブイリだ!」
と言う人はチェルノブイリを知らない人です。
チェルノブイリでは稼働中の原子炉が爆発し、核燃料が長期間炎上するという原発史上最悪の事故でした。
一方福島第一発電所では地震により原子炉は安全装置が働いて停止しました。
しかし外部電源が失われて、原子炉の冷却ができなくなったのです。
そして爆発したのは原子炉の外側、建物なのです。
原子炉が爆発したチェルノブイリとは比較になりません。
放射性物質は飛散しましたが、核燃料がまき散らされたわけではないのです。
事実、原子炉にいた職員の誰も「急性放射線障害」になりませんでした。
放射線による被害は大別すると二種類あります。
一度に大量の放射線を浴びて起きる急性放射線障害と、長期に渡って放射線を浴びて起きる晩発性放射線障害です。
チェルノブイリでは死者が出ましたが、福島第一発電所では死者は出ていないのです。
被害は比較にならないほど軽微だったのです。
そして晩発性放射線障害ですが、今後発生する見込みはありません。
放射線医療の専門家で「今後被害が出る」と発言されている方を僕は知りません。
放射線の専門教育を受け、日常的に放射線を使い、放射線が人体にどのような影響を及ぼすか一番よく知っている現場の方々で「放射能被害がこれから出る」と発言されている人を僕は知りません。
もし、そのような方がいたら是非話を聞かせてもらいたいものです。

さて、震災から一年以上経過しましたが、被災地は復興とはほど遠い状況です。
阪神淡路大震災と比べて非常に遅い進捗状況です。
確かに政府の手際は褒められたものではありません。阪神淡路大震災と比べて遥かに広範囲が被災しましたし、巨大な津波が襲ったこともあります。
しかし決定的な違いが二つの震災にはあるのです。

それは東日本大震災では「復興を邪魔する人たちがいる」ということです。

理由は「放射能」です。
被災地から来た人や物は「放射能汚染」されていると拒絶する人がいます。
どうにか生産活動を再開しても、商品を買ってもらわなければ資金が出てきません。
「放射能」を恐れる人たちは言います。
「全てを検査しろ」
そんなことをしたら費用が膨大になります。
「僅かな放射能でもダメだ」
検査の精度を上げると時間がかかります。商品検査に一週間もかけるなんて無茶です。

さらに
「被災地の瓦礫を受け入れるな!」
と「放射能」を怖がる人が言うのです。

僕が「」しているのは冒頭の定義からです。
放射能なんて人間誰しも持っている能力です。
放射能を持つ人間が、自分が放っている放射線より少ない放射線を怖がるなんておかしいじゃないですか。

そこまで「放射能」が怖いなら、この情報を見たら恐慌状態になるはずです。

二十世紀に行われた大気圏内核実験でまき散らされた放射性物質により、日本は既に「放射能汚染」されているのです。
二十世に日本に降った放射性物質の、青森県での観測データです。

T01_fallout

http://www.aomori-hb.jp/ahb2_08_t01_term.html

「放射能」を怖がる人は言います。
「一度汚染されたら何百年も残る」
ならば当然、これらの放射性物質はまだ日本全国に残っているはずです。
ここまで「放射能汚染」されている土地に住みながら、被災地の瓦礫に付着した僅かな放射性物質を怖がる理由なんてありません。

また注目していただきたいのが、一度収束した放射性物質がある年だけ増えていますね。
これがチェルノブイリ事故によるものです。
日本中が大騒ぎしましたが、昭和の時代に比べたら誤差になります。

過去これだけ放射性物質が日本全国に振りました。
しかし、今もなお振り続けていることを知っていましたか?

Result24_68f1

http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result24/result24_68.html

飛びだしている部分がチェルノブイリ事故によるものです。
ですが毎年規則的に来る放射性物質はどこから来るのでしょう?

それは中国です。

1980年まで中国は大気圏内核実験を繰り返しました。
日本に一番近い核実験場は中国なのです。
そして春に黄砂とともに放射性物質が日本中に降り注いでいるのです。

今もなお日本を「放射能汚染」し続けているのは中国なのです。

このデータは青森県のものです。
西日本、特に九州ではより中国由来の放射性物質が多いでしょう。
毎年黄砂はどの地域に降っていますか?
「瓦礫反対」と言う人たちは、春に風に乗ってくる放射性物質を吸い込んで内部被曝しているのです。

チェルノブイリ事故で大騒ぎしたマスコミはこの事実を知らなかったのでしょうか?

僕は「瓦礫反対」と主張する人たちにこの事実を教えました。
ほとんど無視されました。
その後意見が変わったか確認しようにも、半数近くの人が僕をブロックしてツイートが見られませんでした。見られた人も特に意見は変わってないようです。
中にはこう返してきた人もいます。

戌みっちゑる(反原発、脱原発天命じゃ) ‏ @KinKingofmichel
@aoi_azuma 「福一」放射能と中国のそれとでは比較するだけ時間とツイ文字の無駄だと言うことがお分かりになりませんか?屁理屈、立ち小便なら他所でおやんなさい!

たった一度の原発事故の「放射能」は問題で、過去半世紀から今後未来に至るまで来る中国の「放射能」が問題にならない。

あまりにもおかしいじゃないですか。

「中国による放射能汚染」を問題だと認めてくれたのは、たったひとりでした。
その他の人たちは「放射能」が怖かったんじゃなかったんですか?

ここまで書けばおわかりかと思います。
ツイッターで「瓦礫反対」と言っている人は、中国の手先なんです。
なぜそんなことをするか?
復興を妨げて邪魔な日本を潰すためです。

中国は二千年前に六韜という兵法書を編纂しています。
他国をいかに弱体化させるか、実践的に書かれております。
三国志で有名な劉備が息子に勧めた兵法書の中にこの六韜もあるほどです。

そこにはこんな下りがあります。
「他国から忠臣が来たら何も与えず追い返せ。そうでない奴が来たら歓迎して手柄を立てさせろ。そうすれば他国は無能な奴を重用する」

二千年前にここまで具体的に陰謀論を編纂した中国は凄いですね。
しかし日本の中国専門家はこの本を重視しません。
「偽書だから」と。
六韜は紀元前千年頃の殷を滅ぼした周の軍師太公望が、文王や武王に教えるとしています。
実際に作られたのは二千年前。
確かに偽書です。
しかし中国人指導者たちにとり、六韜の内容は常識としてあるわけです。
これを実戦しないほど中国人ってバカですか?

今「瓦礫反対」と言っている人たちは、中国による「放射能汚染」をすべて福島第一原発によるものだ、と情報操作のために動いているのです。

もちろん実際に発言しているのは末端の人間ですから、そんなことは夢にも思っていないでしょう。
しかし彼らの頭は二十世紀のままです。
「左翼国家の核はきれいな核」
なのです。
だから「中国の放射能」は問題ではなく、「福島だけ」問題にするのです。

瓦礫を受け入れて被曝するにしても一度です。
しかし中国からは半世紀も前から、そして子々孫々まで「放射能汚染」されるのです。
それを問題にしないのは、中国の方が被災者より、日本人より大事だからです。
中華人民共和国の独裁政権中国共産党の指導者たちの命令ならば、同胞を裏切るのが「瓦礫反対」の人たちなのです。

「瓦礫反対」で反論できる人がおられればどうぞ。

お詫び

読書の皆様ならびに関係者の皆様、昨今の僕の言動にご心配され、またはお心を痛めていること、心よりお詫び申し上げます。

今やっていることは自分の首を絞めることだと、重々承知しております。
なにしろ日本における最大のタブー、左翼に宣戦布告したのですから。

地方自治体が自分たちの気に食わないことをやろうとしたら、拡散希望で全国にツイート、物理的圧力で地方の主権を潰しにかかるのが左翼です。
やり口はオウム心理教と変わりません。
今は、バカが騒いでいる、程度に思っているでしょう。
しかし今後僕が目障りになったら、特にソフトバンククリエイティブ様にご迷惑をかけることになると思います。
魔法の材料ございますシリーズの絶版、打ち切りも覚悟しています。
続きを楽しみにしている皆様を裏切ることは、本当に申し訳なく、無念です。

それでも僕は今の行動を続けます。

被災者を助けたい。一日でも早く。
そのためには被災地の復興を妨げる左翼との対決は避けられないのです。
相手は市民活動家で、その背後にいるのは中国です。
大手マスコミは左翼という言葉さえ避け、市民と報じる日本で、僕にできることなど大してないでしょう。
目障りに映ったらプチっと潰される、そのくらい相手は強大です。

社会的に知名度が上がれば対抗できるのでは?
と今までは雌伏していました。
しかし今苦しんでいる人たちを前にして、いつかきっとでは遅すぎるのです。
被災地の復興は他の全てより優先されるべきだからです。
瓦礫拒否なんてエゴは許されないのです。

宣言します。
僕はやり過ぎます。
当の被災者が、ちょっとそこまでは、と思うほどやります。
それは左翼の力を知っているからです。
今、そして未来の日本のため、ここで左翼の化けの皮を剥がさねばなりません。
勝算など皆無です。
地雷原に突っ込むも同然、僕なんか簡単に吹き飛ばされます。
でも何もできないまま天寿をまっとうするくらいなら、志半ばで倒れる方を選びます。

なぜ無駄なことをするか?
それは後に続く人のために、少しでも地雷を減らすためです。

僕の後ろにはソ連軍みたいに政治将校はいません。
僕は自らの意思で地雷原に突撃するのです。

左翼は僕を右翼とレッテルを貼りました。
しかし子供の頃から終始一貫、僕は左翼思想です。
左翼とどこが違うか?

自分の頭で考えられるところです。
僕の上には誰もいません。
天皇も含めて遠慮するお偉方など存在しないのです。
そして日本を愛しています。

ではなぜ右翼にならないか?

僕は自由主義ではなく大きな政府の思想です。
世界基準で言えば左翼そのもの。
愛国心を否定する左翼が異常なんです。
そんな左翼なんて、日本にしかおりません。
世界のどこに愛国心を否定する国があります?
左翼が信奉する中国では愛国教育が行われ、愛国心がないと共産党ににらまれたら処罰対象です。
日本の左翼は外国の、それも独裁者の手先なのです。
だから日本人の絆を分断するため、瓦礫を拒否して復興を邪魔しているのです。

僕が立ち向かう先には中国がそびえています。
勝てるわけがありません。

なぜ右翼と合流しないか?

確かに団結すれば安全です。
しかし左翼に立ち向かうのが右翼だけだと、右翼が嫌な人たちはそこに入れません。
だから僕が、愛国心ある左翼として先鞭をつけるのです。

あとに誰も続かなくとも、そのとき僕はもうこの世にはおりませんから無念もありません。
きっぱりと果ててみせます。

これは遺書と受けとっていただいて構いません。

最後に家族へ。
こんなバカで本当にすまない。
家族を守ることもできぬ甲斐性なしには、家庭を持つことなんて過ぎた願望だった。
巻き込んでしまって本当にすまない。
家族より他人を優先するなんて、本能が壊れている奴のすること。
宗教にハマった人たちがやることを、僕はやる。
ただ、他人の価値観を刷り込まれたのではなく、己の信念を貫く。
そういう人間だったと、諦めてくれ。

復興を妨げるのは左翼

昨日のブログでは書き忘れましたが、僕は「右翼」とレッテルを貼られるまで、自分の思想が偏っている自覚などありませんでした。
「右翼」とレッテルを貼られて、初めて彼らが左翼と知ったほどです。
自分の意見と異なる主張をする者を「右翼」とレッテルを貼るのが左翼です。

お知り合いの意見が「偏っている」と思ったら、反対意見をぶつけるのをお勧めします。
興奮したり怒ったり無視したりと、態度が急変したら、その人はそれと反対側の人間です。


さて左翼の特徴として「平和憲法」という決まり文句を使うほど、彼らは日本国憲法を重視しています。
「護憲だ」「憲法を守れ」など、ことあるごとに言いますね。
でも、その憲法を一番踏みにじっているのは、当の左翼なんですよ。

左翼がどれほど憲法を冒涜しているか、その例です。


左翼「天皇制反対」
第1章 天 皇

憲法に定められたことを廃止しろですか。
意見を言うのは自由ですけど。

左翼「労働者を守れ」
第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

「労働者」は特別ですか。経営者とか事業主は守る必要がない、となれば社会的身分による差別です。
しかも左翼のかなりが公務員、つまり身分保障された特権階級です。
お役人様が労働者とか、なんのジョークですか。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

左翼の公務員がこの条文を守っているとはとても思えません。


左翼「被災者は早く移動しろ」
第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

この自由に反してませんか?


左翼「瓦礫受け入れ反対」
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

被災地の人たちの権利はどこに行ったのでしょう?
一刻も早く瓦礫を運び出して元の生活を取り戻させてあげるべきです。
自分の権利は求めるくせに、他人の権利は認めない。それを「エゴ」と言います。
権利とは、自分にとって一番不都合な人に対しても保証しなければなりません。


第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

全国民が東北を助けるため努力しなければならないのです。
そんなときに「瓦礫受け入れ反対」と主張することは、この条文で禁じた「濫用」ではありませんか?
公共の福祉のために国民は責任を負いなさい。


左翼「朝鮮学校に補助金を出せ」
第89条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

朝鮮学校が日本の教育法に従っているとでも?


左翼「憲法改正反対」
第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

改正について当の憲法が認めています。
憲法を無視している当人たちが「憲法を守れ」です。

とまあ、今思いついただけでもゾロゾロ出てきます。
左翼ほど憲法を無視して他人の権利を侵害している存在はありません。
きれい事を言い、表面上は善人ですが、自分たち以外の価値観を認めない差別主義者なのです。

今日これを書いたのは、ツイッターでこう言われたからです。

木下黄太 ‏ ‪@KinositaKouta‬
返信 リツイート お気に入りに登録 · 開く
作家を名乗るなら、言葉をきちんと使いなさい。これは、そういう文言が書かれていた事実を伝えているだけ。何がデマなのか。作家としてこういうレベルの文言で他人を中傷することは恥ずかしくないのか→@aoi_azuma

葵東(ラノベ書き)さんへの返信
6時間

「作家を名乗るなら」これは職業差別です。
発言に職業が問われるのは、専門家が自分の分野について専門知識を発表するときが例外くらいです。
左翼が僕に「右翼」のレッテルを貼ったのも、右翼に対する差別心があるからです。
左翼は差別主義者なのです。

事実、これを書いている時点で彼の上記の発言に対しての批判はゼロ。
彼のフォロワーその他は皆「職業で人を差別する人たち」なのです。
物事を色眼鏡で見る人たちの意見になど、耳を傾けることはありません。

彼の元発言はこれ。

木下黄太 ‏ ‪@KinositaKouta‬
返信 リツイート お気に入りに登録 · 開く
「 現在、被災地だけではなく、全国において、多くの医療機関が平常時とは異なる状況に陥っています。このページに記載の情報は地震発生以前の状況を示すものですので、受診前にはぜひご自身での確認をお願い申し上げます。」病院検索サイト断り文。被災地外で何が平常と異なるの?放射能か、やはり。

なぜ放射能?
しかも全国で。
だから僕はこう書きました。

葵東(ラノベ書き) ‏ ‪@aoi_azuma‬
· 開く
放射能パニックによるストレスです。 不安を煽るデマにはご注意のほどを。RT @micchi_rainbows RT @KinositaKouta: 「 現在、被災地だけではなく、全国において、多くの医療機関が平常時とは異なる状況に陥っています。 #原発 #放射能


実際にあなたたちの生活空間で、原発由来の放射性物質がどれだけあるか正確に知っている人がどれだけいます?
僕が住む東京都では、原発由来の放射性物質は水道水降下物ともに「不検出」です。
土壌にはまだ残っていますが、別に土の中に潜らないので。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/

さて、この程度の放射線で健康被害が出るのでしょうか?
放射線医療の専門家で原発付近以外に「放射線で健康被害が出る」と主張されている方を存じません。
ひょっとしたら誤解がある方もおられるようなのではっきり言います。

「普通の医者は放射線医療の専門家ではない」

では放射線が問題ではないのに、なぜ「全国で平常時ではなくなった」のでしょう?
ツイートを見ているだけで、放射能の恐怖を煽る人がいて、放射能を怖がっている人たちがいます。
恐怖とは強いストレスです。
ストレスは万病の元と言われるほど健康を害します。
でもその源である放射線について、専門家の誰も問題とは言わないのです。
なら原因はストレスしかないじゃないですか。それも「放射能の恐怖を煽られて」の。

彼らは「自分たちのせいで状況が悪化した」とは絶対に考えません。
彼らの多くが三年前「政権交代!」と主張していたことは容易に想像がつきます。
なぜなら民主党の支持母体も原発反対運動の支持母体も同じ「労働者」だからです。
民主党に投票した人は「裏切られた」「失望した」とか思っているでしょうが、それは無責任です。
民主党に政権担当能力がないことは、衆院選前に多くの人たちが主張していました。
一度としてそれらを見聞きしていなかったのですか?
「自分とは違う価値観」を無視したから今があるのです。
僕は民主党には投票していません。でも正当な手続きによって選ばれた政府ですから従います。それが主権者としての責任の取り方です。
もちろん意見は述べますけど。

なお、僕も放射線については素人です。
真偽の程は放射線医療の専門家のサイトやツイートで、ご自身でお確かめください。
どこかの団体とか個人のサイトは全部無視です。

職業が関係する発言、それは専門家が専門分野について知識を出す場合ですから。


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »