2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 新兵器敵わず | トップページ | 非実在青少年 »

劇場版魔法少女リリカルなのは

今日は念願だった劇場版魔法少女リリカルなのはを見に行きました。
体調良し、明日も休みなので、今日しかありません。
で、キーメイトマスクにニューハイパーマスクを装着して出陣。

新宿ではなく、歌舞伎町により近い西武新宿に到着。ミラノ座まで最短距離を歩きます。
すでに来場記念品は品切れになっており、劇場は空いていました。

この時を待っていた。

ファンで満席だったりしたら、それこそ彼らが放つ化学物質で、やられてしまいます。
場内では移動もできませんから。

空いているので、一番良い席も確保できました。

これでゆっくりと観賞できます。
と、その前に携帯の電源を落とさねば……iPhoneは圏外。どれだけ電波弱いんだ。三本立っているauを見習いなさい。

そして予告編に続いて本編が始まりました。

ここからはまだご覧になってない方は、見ない方が良いでしょう。


タイトルの後、普通に物語がはじまりました。
そのとき違和感を抱きましたが、それはあとになってわかりました。
なのはの登場、ユーノとの出会い、そしてジュエルシードの封印と、テンポ良く進みます。
と、フェイトが出てきた。テレビ版に比べると早い。
もっとも劇場版のテーマが「友達になりたいんだ」ですから、早々の遭遇は当然ですね。
テレビ版ではC○サクラを思わせておいて、それをひっくり返した演出が見事でしたが。
で、ふたりの初対決。フェイトの勝利。
再戦してもフェイトが押します。でもなのはも頑張る。
今度こそ決着という空気の中に、割って入ったKYはクロノ君。なのはたちはアースラへ。
リンディさんの抹茶に砂糖で、なのはが顔色を変えるのがGJ。
ようやくプレセア母さんが出てきました。悪です。分かりやすく悪です。
児童虐待です。アグネスが出てくるぞー。
そしてジュエルシードの取り合い。
フェイトは無理をして、いきなり7個を封印しようとしますが、あまりに無理。
自滅するとのクロノの言葉に反発したなのはは、助けに行きます。
そして「友達になりたいんだ」
ふたりで共同してジュエルシードを封印。
そこにクロノが登場、半分を回収してしまいます。なんかクロノが憎まれ役になってないか?
プレセアが介入したのでその場を撤退する両者。
フェイトは結局9個しか集められないので、また折檻を受けます。
アルフが怒りにまかせてプレセアに突撃。返り討ちになります。
アルフから事情を聞いたなのはは、互いに持っているジュエルシードを賭けて、フェイトに決闘を申し込みます。
そのバトルが熱い。さすが燃えアニメだ。
ディバイン・バスター! スター・ライト・ブレイカー!! 大画面で見られて良かった~!
ベルカ式カートリッジなしで、なんでそんなに強いのですか、なのはさん。
ついにフェイトが破れました。
きれたプレセアは、フェイトをも巻き込んで攻撃してきました。そのため、時の庭園の場所をアースラが突き止めました。
突撃隊が最深部へ行くと、アリシアの遺体が。そしてプレセアは、フェイトが失敗作で、大嫌いだと言います。
フェイトの胸と僕の胸がシンクロ。まじで痛いです。絶望するフェイト。ああフェイト可哀想だよフェイト。
プレセアは21個揃わないといけないジュエルシードを、9個で伝説の地、アルハザードへ行こうとします。
アリシアを生き返らせるために。しかし、そんな次元振動を起こしたら、地球がピンチです。
なのはとユーノ、クロノ、リンディさんも突入、アルフもフェイトを残して出撃します。
残されたフェイトはすべてを失いました。が、今から始めるんだと健気に復活。なのはの危機に駆けつけます。
追いつめられるプレセア。ここで回想シーン。
アリシアとの思い出。そしてフェイトへの気持ち。テレビ版では描かれなかったことが、明らかになりました。
最後にプレセアはアリシアと共に、虚数空間へ落ちていきます。フェイトの助けの手にすがることなく。
しかし、最後にアリシアの言葉がプレセアを我に返らせるのです。
最後のプレセアの言葉、それがフェイトに届いたら、と全俺が震えました。
事件は終わり、なのはたちは日常へ、フェイトとアルフは裁判へ。
そして最後の面会で、なのはとフェイトは友達になりました。
うるうる、やっと友達になれたんだよお。
この辺はテレビ版よりも感動的な演出になっています。
そして別れ。
また会うその時まで。

……ジュエルシードを回収したユーノは役目が終わったのに、なんでミッドチルダに帰らないのだろう?
エンディングが流れる中、不条理に悩ませていた頭を、蹴り飛ばす音楽が。
これは、オープニングの、PHANTOM MINDS!
オープニングがエンディングのあとに来るとは、考えていなかったぜ。
スタッフロールと公式イラストをバックに歌う奈々様。
誰も席を立ちません。
当然ですね。
照明がつくまで座っているのが劇場でのマナー。
そのためですか、掟破りのオープニングは。

見終わって、周囲の人がはけるまで席で余韻を楽しみました。

見に来て良かった。

そして帰りましたが、やはり新宿の空気は汚染されていて、夕食後寝込みました。
風呂のミストサウナで復活して、日記をしたためています。

劇場版魔法少女リリカルなのは。ファンなら絶対見なさい。ファンでなくても見るべきです。

これが第一弾ですから、当然第二弾もありますよね。
テレビ版では1期より2期の方が燃えましたから、次はさらに期待できます。
また劇場で、なのはと会えることを祈って。
お休みなさい。

« 新兵器敵わず | トップページ | 非実在青少年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ユーノが帰らないのは、設定上ミッドまでの空間が安定していないため、長距離転移ができないためです。(次元航行船での移動は可能)
アースラは管理局の船なので、一応民間人がタクシー替わりに使うわけには行かないのでしょう。
PT事件中は、民間協力者の臨時雇い扱いかな?

もっともA'sの最初でわかるように、その後ユーノもアースラに乗っています。
これは証人として召喚することで、民間人を乗せる口実にするためと思われます。

でんねこさん

フォローありがとうございます。

考えてみればジュエルシードの持ち主なのですから、重要人物として護送されるべきだと思うのですが。

その辺はユーノくんのプライベートということにしておきますか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548353/47741967

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版魔法少女リリカルなのは:

« 新兵器敵わず | トップページ | 非実在青少年 »